春のイベント

イースターに卵料理!アッと驚くかわいいレシピ20選!

イースターに作る『イースターエッグ』も有名ですが、
イースターの誕生を祝ってを食べる習慣もあります^^

今年は卵使って、かわいいイースターの料理を作ってみませんか??

 

子供たちも思わずお手伝いしたくなるような
かわいいレシピをご紹介します♪

スポンサーリンク

イースターにつくりたいかわいい卵料理10選!

 

イースターのお祝いに欠かせない料理!
華やかな料理があればみんなのテンションもさらに上がるはず☆

最近は『インスタ映え』なんて言葉もありますが、
いつもの卵料理もイースター風にバージョンアップしちゃいましょう♪

◆ガレット

朝食にもおすすめ!
おしゃれなガレットです。

何か難しそう…と思いますが、
実はフライパンで簡単に作れちゃいます。

レシピはこちら

◆たまご寿司

カラフルで色鮮やか!
イースターパーティーにピッタリですね^^

レシピはこちら

◆オムライス

子供がとっても喜びそう!
タマゴの布団をかけたうさぎちゃんです。

某CMでも目にしたような…?

レシピはこちら

◆マカロニグラタン

黄色いひよこはカレーパウダーで色付け!
アイデアに驚きです。

出展:レシピはこちら

◆ひとくちオムライス

たこ焼き器を使って作るプチオムライスです!
作っている間も、デコレーションもで2度楽しめますよね♪

レシピはこちら

◆デビルエッグ

ネーミングとは打って変わってかわいらしい!
イースターの定番料理です^^

レシピはこちら

◆巣籠りカレー

レトルトカレーで作ってしまえば手間いらず♪
簡単にかわいいイースター料理が作れちゃいますよ^^

レシピはこちら

◆うずらうさぎ

レシピはこちら

◆うさぎたまご

レシピはこちら

タマゴで作るうさぎ2連続です。
茄子の皮で色付けできるそう!

実験みたいで面白いですね^^

◆ミートローフ

手間がかかりそうに見えますが、意外と簡単!
豪華に見えますよね♪

レシピはこちら

スポンサーリンク

イースターに作りたいかわいいスイーツ10選!

食事を堪能したあとはやっぱりスイーツ!(*^^*)

料理もかわいいものばかりでしたが、
スイーツだって負けていません!☆

簡単に作れちゃうイースタースイーツをご紹介しますね♪^^

◆ケーキポップ

タマゴの土台はバウムクーヘン!
たっぷりのチョコがかかっておいしそうです♪

レシピはこちら

◆マドレーヌ

お手軽スイーツの定番、ホットケーキミックスを使って作ります!
可愛くラッピングしてプレゼントに良いですね♪

レシピはこちら

◆マフィン

中にカスタードクリームを忍ばせたマフィン!
マフィンってパサつきがちですけど、しっとり仕上がります。

レシピはこちら

◆アイス

100均でも売っている、あのシャービックを使って作ります。
たまごの殻を使って作るかわいいアイスです!

レシピはこちら

◆チョコマシュマロ

レシピはこちら

◆メロンパン

レシピはこちら

◆アイスボックスクッキー

色鮮やかなクッキーです。
バリエーション豊かに作るとよりかわいらしいですよね!

レシピはこちら

◆たまごボーロ

材料はたったの4つ!
手軽に作れるお菓子です。

レシピはこちら

◆パンケーキ

レシピはこちら

◆キャロットケ-キ

中身は人参ケーキ!
体にも嬉しいお菓子です♪

レシピはこちら

まとめ

日本ではまだまだイースターの馴染みは浅いですが、
とってもかわいいイベントだと思いませんか??^^

ハロウィンのようにうさぎなどに仮装してパーティーをしても楽しそうですよね♪

そんなパーティーでも簡単に用意できそうなアレンジレシピをご紹介しました^^
作ってみたい!という方は、ぜひ参考にしてくださいね( ^^*)

 

かわいいイースターエッグの作り方!子供と楽しく手作り! | みんなの知恵袋
『イースターエッグ』とは キリストの復活を祝う復活祭のことで 毎年4月の最初の日曜日が『イースターサンデー』と呼ばれます。 そんな『イースター』で作られるのが 卵の形をした飾り物、通称『イースターエッグ』です! なぜ卵なのかと言うと、 卵が象徴するのが『墓』と、そこから抜け出すことによって復活する『命』から来ているそうです^^ 今回はカラフルでかわいいイースターエッグの 作り方と素敵な作品をいくつかご紹介したいと思います! 初めて作るという方はぜひ参考にしてくださいね☆ イースターエッグの作り方 イースターエッグの作り方はとても簡単♪ 準備するものは、 たまご お湯 絵の具(アクリルまたはポスターカラー) ピン ボード です! では詳しい作り方をご紹介しますね♪ ① 中身のあるたまごを使う場合は固ゆでたまごにしておく 中身を抜く場合は、中身を出してよく洗い、乾かしておく ② 耐熱容器にお湯と絵の具入れてよく混ぜる 濃い色にしたい場合はカラーを多めに、薄い色にしたい場合は少なめに。 ③ 全体的に色が付いたら、ボードにピンを刺してその上にたまごを固定する 接着面が少ない方が仕上がりがきれいですよ☆ たまごの中身を抜く場合は、 なるべく殻に大きな穴や傷ができないように注意しながら行ってください。 また中身がしっかり洗えていないと悪臭がしてくる場合があるので、 よく洗い、よく乾かしてから使うようにしましょうね! 心配な方は発泡スチロールのたまごを使うといいですよ♪ ホームセンターなどでも購入できるので、 食べ物を使いたくないという方は準備をお願いします^^ 楽天で見る アレンジとしては、 色を付ける前にたまごに丸いステッカーやゴムバンドを巻くことで 着色後に外すと柄を付けることも可能です! イースターエッグ作品集 たまごに色を付けることが基本となり、 あとはアレンジ次第で様々な模様のイースターエッグを作ることができます! 絵の具で書いたり、シールやデコレーションを貼ったりなど自由自在☆ そこで、 『このデザイン素敵!』 『このアイデアはなかった!』 というような作品を集めてみましたので