家事

これで一発!簡単きれいな洗濯物のたたみ方〜長袖編〜

洗濯物のたたみ方って意外と分からないんですよね~。
自己流で行っている方がほとんどではないでしょうか。

もちろん自己流でもきれいにたためる方もいますが、
苦手としている方が多いのは事実です。

一発でキレイに、そして収納力をあげるたたみ方をご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

洗濯物のたたみ方の種類と見え方

長袖のショップのようなキレイなたたみ方

1.長袖の襟部分を自分の方へ向けて、更に前部分が下になるように広げます。

2.片腕を折ります。
後で脇を折るときに襟ぐりの少し外側で折るので、
そのラインに袖がかかり折れ目がつかないように、襟ぐりラインの少し内側までにしましょう。

3.もう片方の腕も折ります。
袖同士が重なると厚みが出てしまうので、重ならないように少しずらしましょう。

4.脇を折ります。
脇の部分を折ります。襟ぐりより少し外側からまっすぐ折ると、出来上がりの見栄えがきれいです。

5.反対の脇も折ります。

6.半分に折り返します。
手前から襟ぐりのあたりを手で持って、半分に折り返したら出来上がりです。

長袖ニットのすっきりとしたたたみ方

1.セーターの前部分を下にして床の上に広げます。

2.セーターを両手でならしてシワが出ないようにします。

3.収納スペースの幅に合わせ、首から裾まで直線になるように袖を後ろに折り返します。

4.袖を折り返し、下に向けます(袖は縦になります)

5.もう片方の袖も同じように後ろに折り返します。
この時、最初に折った袖に重ならないようにしましょう。

6.反対側も同じように折り返します。

7.裾を持ち上げ、首方向に折り返します。

ニットはいかに分厚くならないかが大事です。意識して行ってみましょう。

カーディガンのシワにならないすっきりとしたたたみ方

1.ボタンを全部外し、前部分を上にして平らに置きます。

2.収納幅に合わせて、両袖と端を内側にたたみます。

3.長さを収納スペースの奥行きに合うように二つ折りにします。

カーディガンは、いかにシワにならないかが大事です。意識して行ってみましょう。

スポンサーリンク

洗濯物を時短でたたむやり方とコツ

長袖の時短のたたみ方

1.まず洋服を裏返します。

2.洋服のヨコ部分を折ります。

このサイズの間隔がつかめない人は、雑誌を1冊はさみ、
それを包むようにたたむと、だんだん大きさを統一させられますよ!

3.そしてスソを持ってたたみます。

この時、スソを1番上にピッタリ合うようにまっぷたつに折るのではなく、
正面から見てはみ出さない程度に少しズラして折るのがコツ!

正面から見た時、とてもキレイです。

4.形が崩れないように、裏返したらでき上がりです。

帽子のついたパーカーの時短のたたみ方

1.背中側を表にして広げる

2.肩の半分ぐらいで縦半分に折り、袖を脇と平行になるように下に折る

3.反対側の袖も同じように折る

4.パーカーの帽子部分を背中側に折る

5.裾の方を持って半分に折る

帽子がついていると、中々たたみ方に戸惑ってしまいますし、
たためたとしても時間がかかってしまいますよね。

そんな二つのお悩みを解決するたたみ方です。

丸めちゃう

1.洋服を置いて、袖を内側に折ります。

2.裾の部分から丸めます。

この洗濯物を丸めて収納する方法は究極の時短方法です。

時間がないけど、洋服にほこりが被るのが気になる方も多いと思います。

心配な場合には時短テクで洋服を丸めてたたんでしまい、
時間がある時に綺麗にたたみなおすというのがいいかと思います。

まとめ

洗濯物の時短テクニックいかがでしたでしょうか?私も洗濯物をたたむのは昔は苦手でした。

しかし、時短テクニックを覚えてからは洗濯が楽々になりました。

今回ご紹介した方法は、時短テクニックでありながら
洋服にシワやたるみを出さないたたみ方です。

ぜひ、ご家族の洋服を時短テクニックでキレイにたたんで、収納してあげてください。
きっと喜んでくれるでしょうし、お子さんも手伝ってくれるようになるかもしれませんね。