重曹

換気扇フィルターは重曹を使った掃除方法でスルッと簡単!

 

みなさん、換気扇のフィルターはどのぐらいの頻度でお掃除していますか?

我が家は年末のみ・・・(キャー!!

 

実はこういった油汚れは、
夏が終わった秋口が一番お掃除に
もってこいの季節だとご存知ですか??

油汚れは寒くなると
固まって落ちにくくなってしまうので、
秋に向けて涼しくなってきた時期が一番お掃除がしやすく、
汚れも簡単に落ちるんです!( ^0^*)

 

ギトギト汚れを簡単に落とす方法とは・・・??

スポンサーリンク

必見!お湯と重曹のタッグで綺麗に!

 

換気扇は高い位置にあるのでなかなか汚れも把握しにくく、
お掃除もなかなかできないですよね><

でも気づくと油とホコリの温床になっていた・・・なんて。

 

放っておくと、
雑菌や虫などが繁殖して
衛生面でもよくないので、
できれば常に清潔にしておきたいものです。

 

ギトギトの油汚れを見て、

「どうせ落ちないし・・・」と諦めてはいませんか?

はご家庭にあるもので、
簡単に落とすことができちゃうんです!!( ^0^*)

 

ギトギトの油汚れに洗剤を使ったのに、
なかなか落ちないという経験はありませんか?

実は洗剤にはいくつか種類があるので、
長い間放っておいた頑固なギトギト油は
落としにくい場合があるんです!

そこで登場するのが万能洗剤の『重曹』です!

 

『重曹』は水に溶かすと弱アルカリ性になり、
酸性の油汚れを中和させて、
浮かせる働きを持っています。

この働きのおかげで、
力を入れなくても
汚れがスルリと落ちちゃうんです☆^^

 

また、『重曹』は沸騰させると
『弱アルカリ性』から『強いアルカリ性』へと変化し、
汚れをさらに分解してくれる働きを起こします。

これは『重曹』が『炭酸ソーダ』に変化することで、
酸性の油汚れに強い効果を持つからです!

 

なので油汚れを落としたい場合は、
あらかじめ『炭酸ソーダ液』を作っておくといいですね^^

作り方は熱湯10Lに対して、
重曹1
カップの割合で作ることが出来ます。

 

ただし注意したいのは、
炭酸ソーダ液を作る際に、
やかんや鉄鍋を使用すると、
黒ずんでしまうことがあるので注意が必要です。

熱湯までいかなくても熱めのお湯にするか、
容器を鉄以外のもので作ればOKです!^^

スポンサーリンク

もう使わない歯ブラシが活躍する!?

 

「『炭酸ソーダ液』を作ったはいいけどこの後はどうしたらいいの?」、
「汚れの落とし方は?」、
「頑固な汚れでも落ちるの?」と、
疑問に思うこともあると思いますが、

まずは、『炭酸ソーダ液』の使い方からご説明したいと思います!

 

先ほど『炭酸ソーダ液』の作り方をご紹介しましたが、
この割合を2:1にし約30分放置すると、
ペースト状の重曹ペーストができます。

これを油汚れの上に塗り、
再度
30分放置した後に歯ブラシでこすると、
みるみるうちに汚れが落ちていくんです^^

軽い汚れであればこの重曹ペーストで
簡単に落とすことができますが、
それでも落ちない場合は『炭酸ソーダ液』の登場です!

 

まず、バケツやゴミ袋を張ったダンボールの中に
『炭酸ソーダ液』を作ります。

熱湯を使用する際はやけどに気をつけてくださいね。

 

液の中に掃除したい部品(ファンなど)を入れ、
一晩浸け置きします。

浸け置きをすると、
だいたいの汚れは取れるのですが、
気になる部分は歯ブラシで
こすると簡単に落とすことが出来ます。

 

最後にきれいに洗い流して乾燥させれば完了です☆

もし時間がない場合は、
重曹ペースト、または炭酸ソーダ液を
染み込ませたキッチンペーパーを
汚れの上に乗せて約10
分放置するだけでも違いますよ^^

ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

汚れているとわかりながらも、
あえて見ないふりをしていた換気扇。

やり方さえわかれば、
手間もかからずに簡単にお掃除できることがわかりましたよね^^

 

お掃除するなら今からの季節がチャンスです☆

ぜひお試しあれ( ^0^*)b