ビジネス

NHK受信料を解約するには?払いたくない人必見の方法!

 

一人暮らしや新居に引越した時に突然やってくるNHKの徴収人

話に流されなんとなくで
契約してしまったという人もいるのではないでしょうか?

 

なんかとかその場をやり過ごしたとしても
しつこく訪問してくるので契約してしまった、
もしくはその場で受信料を支払ってしまったというケースもよく聞きます。

いきなり訪問してきてお金を徴収したり、
テレビの有無を確認させてほしいなどの
やり方はいかがなものかと思うのですが、

もしNHKを契約してしまい、
解約したいと思った場合
どのような手段を取ったらいいのでしょうか?

解約方法や手順についてご紹介します!

スポンサーリンク

初めはココに電話をする

 

普段NHKを見ないのに受信料を支払うなんて
納得がいかないことですよね・・・。

徴収人が来た際に直接言おうとしても、
強引に切り抜けられたり、
室内に上がろうとする徴収人もいるそうで、
なかなか話しにならないのが現実です。

 

でも「なんとしてでも解約したい!!」

そう思っている方はたくさんいると思います!

ではその場合は、
どのように解約手続きをすればよいのでしょうか。

 

NHKを解約したいと思った場合はまず、
コールセンターに電話します。

 

流れとしては、

  1. コールセンターに問い合わせる(0120-15-1515
  2. 解約の意思を伝える
  3. 「放送受信契約解約届」を送ってもらう
  4. 記入し郵送

 

これで一連の解約手続きは完了です。

 

しかし、電話口で
「受信機がある環境にいる限り解約は不可能」と
言われて断られてしまうケースがとても多いようです。

受信機とはつまり、
テレビ、携帯(ワンセグ)、パソコン、カーナビなども対象になります。

 

実際に「放送受信規約第9条」にも
『受信契約を解約するためには「受信機の廃止など」が
必要条件となります。』
と記載されています。

日常に必要不可欠なものがほとんど含まれているこの状況では
太刀打ちできませんよね・・・><

 

やはり、一度契約してしまうと解約は不可能なのでしょうか??

スポンサーリンク

受信機がある限り戦う!?

 

前述したように、
受信機がある限りは解約の申し出をしたところで
断られてしまうのが現状です。

「テレビはありません」と言っても、
その状況を実際に確かめに来る専門部署もありますし、
もしくはその証明を提出するよう求めてくるケースもあります。

だからと言ってテレビや携帯をなくすわけにはいかない・・・。
ではどうすればいいのでしょうか?

1.テレビを売却する

家に複数台のテレビがある場合は
古いテレビを一台売却して、
領収書やリサイクルシートをもらいます。

これは決定的な証明になりますので、
これからテレビを処分しようと考えている方は今後のために、
書類を必ず保管するようにしましょう!

2.一時的に実家や友人宅に預ける

この場合は売却していないので
証明書はありませんが、
実際にテレビの有無の確認に来たところで
テレビはないので、
それが証明となります。

特に証明書の提出などなく、解約手続きをすることができます。

3.実家に帰るフリをする

実際に引越すのではなく、
あくまで「フリ」です。

実家の世帯とまとめたと嘘をつくことで
解約できるというケースです。

しかし、これはとてもハイリスクで、
まず実家がNHK受信料を払っている場合に限ります。

実家も払っていなければ意味がないですからね(^^;)

 

また、引越したと嘘をついても
後日担当者が自宅を訪問してくる場合もあります。

その時に同一人物が住んでいると分かれば、
最悪の場合
『詐欺罪』として訴えられてしまう可能性も考えられます。

 

「引越しの話はなくなった」とごまかすことはできても、
解約とは認められないので、
ますます面倒くさいことになってしまいます。

できれば、1や2のような理由で解約するのが妥当でしょう!

NHKの解約はインターネットで出来る?

直接担当の人と話をするのは嫌。
できることなら手軽にネットで解約できるのが一番有難いですよね。

 

しかし残念ながら、今現在ネットから解約する方法というのはありません。

 

色々と聞かれて面倒ですが、
直接電話で担当の方と話して解約、という流れになります。

まとめ

私も経験していますが、家に押しかけてくるNHKの人って
ほんっっっとうにしつこいんですよね…。
(来た人に聞いた話では、どうやら代行会社の人らしいですけど。)

 

なかなかドアを閉めさせてもらえません。

 

それでついつい契約する事になってしまう方が多いと思いますが、
NHKの受信料を払いたくないならば、
一番簡単なのが契約しないということなんですよね。

 

近年NHK側も契約を取るために様々な手段で近づき、
それと同時に解約もしにくくなってきているのが現状です。

ですが、正当な理由があれば解約は必ずできます!

 

正当な理由がなくとも、
一時的に理由を作ることでも解約はできます。

もし解約したいと悩んでいる方は、
参考にしてみてくださいね^^

 

NHKの受信料BSは見ないのに支払いは義務?我が家が成功した拒否方法! | みんなの知恵袋
NHKの受信料、払いたくもないのに払っているご家庭も多いですよね。 我が家は小さい子供が居るのでNHKの番組にはお世話になっているので、 受信料を払うこと自体には全く文句は無いのですが…。 先日、 「まだBSの受信料をお支払い頂いていませんよね?」 と、追加でBSの受信料を徴収しに来たではありませんか! は?BS? そんなの見たこともないし! 利用してもいないようなものの受信料なんて、 絶対に払いたくない! 断固戦って、今ではめっきり徴収人は来なくなった 我が家の拒否方法をお話したいと思います。 NHKのBSの受信料の支払いは義務なの? NHKの衛星契約は、放送法という法律で 「BSを受信できる環境があるならば受信料を支払うべき」 というように定められています。 しかし、我が家の場合は「分配器」というのをわざわざ購入しないと 受信できない状況でした。 分配器というのは、こういうものです。 ケーブルも必要になるので、物にもよりますが1000円程します。 わざわざこれを購入しないといけないという事は、「受信できる環境」とは言えませんよね? だって、分配器を買えば見れるんだから支払えっていうんだったら、 テレビを持っていない人にテレビを買えって言ってるのと同じことです。 そんなのおかしい! なので徹底的に支払いを拒否する事に決めました。 ちなみに受信料もBSの分も加算されると大きく変わってきます。 2か月払い…差額1940円 6ヶ月払い…差額5570円 12か月払い…差額10780円 見もしないものに1年で1万円も無駄に支払わないといけないなんて、 絶対嫌じゃないですか。 断り方は「見ない」じゃなくて「見れない」 我が家が支払いを断った時に言ったのは、 「我が家はBSは見れません!映らないんです!」 です。 これが、「BSは見ないから払いません。」ではNGです。 見ないだけで、受信はされていますよね?と突っ込まれてしまうから。 分配器がないから受信設備が整っていない それでもしつこかったので、 「うちには放送法でいう受信設備の分配器が無いので 支払う義務はないと思うのですが?」