家事

これで幸せなお風呂タイムへ♪風呂釜をキレイに掃除する方法~一つ穴編~

 

風呂釜の掃除ってしてますか?

バスタブは定期的にキレイに掃除するけど
風呂釜までは掃除できていないという
ご家庭多いと思います

 

お湯が濁っていたり、ヌルヌルしている、
汚れが浮いていて臭いなどが起こっているときには、
風呂釜が悲惨な状態になっている可能性が高いです。

でも、簡単にキレイに掃除できる方法があるんですよ。

まったく面倒くさくないんです。

スポンサーリンク

バスタブの一つ穴の掃除に向いている洗剤と価格

 

 

スクラビングバブル  ジャバ 160g 350円前後

お風呂まとめて泡洗浄 230g 500円前後

ふろ水ワンダーバス用洗浄 80g 250円前後

根こそぎ革命 業務用カビ取り剤 472g 850円前後

過炭酸ナトリウム 1㎏ 500円前後

 

一つ穴の風呂釜と言えば、
お湯が流れるスピードが早い分、
汚れがたまりやすいのがネックですね。

また、一つ穴タイプの風呂釜を使っていて、
追い焚きの機能がついているお風呂は、
人の垢や汚れが浮いたお湯を
吸い込んでいるので、
定期的な掃除が必要です!

スポンサーリンク

洗剤を使った掃除方法とコツ

スクラビングバブル ジャバ

風呂釜の雑菌の黄色ブドウ球菌や
大腸菌を
99%除菌してくれる
お風呂のジャバです。

 

  1. ジャバを用意します。
    お風呂の水位が穴より
    5センチくらい上に来るようにして、
    ジャバを全部入れます。
  2. 23分追い炊きをして、
    10分放置した後にお湯を抜きます。
  3. すすぐために、
    またお風呂の水位が穴より5センチくらい
    上に来るようにお湯を入れて、
    追い炊きを
    5分します。
  4. またお湯を抜いたら終わりです。

過炭酸ナトリウム

  1. 過炭酸ナトリウムを250gほど用意します。
    こちらは
    100円ショップでも手に入れることができます。
  2. お風呂の水位が穴より5センチくらい
    上に来るようにします。
  3. 過炭酸ナトリウムをバスタブに入れて良く溶かし、
    お湯の温度が40度くらいになるように、
    追い炊きをします。
  4. 3の状態で3時間以上放置し、
    時間が来たら、もう
    1回追い炊きして
    お湯を循環させてからお湯を流し、
    シャワーや柔らかいスポンジを使って、
    キレイに洗ったら完了です。

 

お湯は温かい方が追い炊きに
時間がかからないので、
残り湯を落とすときに
少し残しておけばいいですね。

しかし、入浴剤が入っているお湯で行うと
バスタブに汚れが付くことがあるので
注意が必要です。

 

過炭酸ナトリウムは3時間以上
放置しなければいけないので、
時間に余裕がある時や
少し出かけるときなんかに仕掛けて置くといいですね。

また、お風呂で使っているお風呂のフタや椅子、
お風呂で使うバケツなんかもバスタブに入れておくと、
一緒にキレイに掃除できるので
時短になります。

風呂釜の一つ穴と二つ穴の違いって?

風呂釜の穴が一つ穴か二つ穴かによって、
選ぶお掃除用の洗剤も変わってきますが、
そもそも一つ穴と二つ穴ってどう違うのでしょう?

 

簡単に説明すると、

「2つ穴」は自然循環させて、循環温度差によって対流させます。

「1つ穴」は強制的に循環させて、循環ポンプによって熱交換・対流させるという仕組みです。

「1つ穴」という名称ですが、外からの見た目が1つの器具というだけで、
実は中では上下に分かれていて「噴出し」「吸い込み」になっています。

 

我が家は一つ穴の風呂釜なのですが、
「どれだけ水垢が取れるんだろう♪」
期待していたのですが…。

結果あまりスッキリ取れた感じはしなかったんですよね。

 

これは、最近の風呂釜には自動洗浄機能なるものがついていて、
(お風呂のお湯を抜いた後に、一つ穴から勢いよく水が流れてくる、
アレで自動に洗浄してくれているそうです。)
洗剤を使っても、あまり目に見えて汚れがごっそりと取れないのが普通です。

二つ穴の方が汚れがたまりやすいんですって。

まとめ

面倒くさい風呂釜の掃除。

スクラビングバブル ジャバだと
20分以内に終わってしまって
とても簡単ですが、
風呂釜を掃除するたびに
350円かかってしまいます。
少し高いですね。

 

でも、何より早く終わるし、
有名な企業の商品なので安心できます。

なので、我が家では普段は過炭酸ナトリウムを使って、
たまにジャバを使うようにしてます。


お財布や時間と相談して、
ご家庭のベストな風呂釜掃除のやり方を見つけましょう。