健康

おしゃぶり昆布の食べ過ぎはヤバイ!便秘、下痢、甲状腺異常の危険も!

スーパーやコンビニで気軽に手に入る「おしゃぶり昆布」。

筆者も大好きなので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

何なら、1袋なんて一瞬で無くなりますし、むしろ一気に2袋ぐらい食べちゃうことも…。(食べ過ぎ?!)

でも、このおしゃぶり昆布の食べ過ぎって、体にあんまり良くない…というかむしろ危険なんです。

おしゃぶり昆布好きさん、ぜひ読んでおいてくださいね…?

スポンサーリンク

おしゃぶり昆布を食べ過ぎると甲状腺の機能が低下する?!

おしゃぶり昆布をはじめ、昆布には「ヨウ素」という成分が多く含まれています。

このヨウ素、ミネラルが豊富なので多くの健康食品に含まれていて、適量をとれば体にはとても良いのですが…。

食べ過ぎると甲状腺ホルモンが作られなくなり甲状腺機能低下症となることがあります。

日本人の成人の適切なヨウ素摂取量は、一日あたり2200㎍と言われています。

これをおしゃぶり昆布に置き換えると、おしゃぶり昆布1gに含まれるヨウ素の量は1000~4000㎍。

という事は、おしゃぶり昆布は1gをオーバーすると食べ過ぎということになるのです!!

ちなみにスーパーなどで売られているおしゃぶり昆布は…

・おしゃぶり昆布浜風…11g

・おしゃぶり昆布梅…11g

・おしゃぶり昆布キムチ…11g

小さい子袋のおしゃぶり昆布は11g入りなので、あの袋の約10分の1が適量という事になりますよね…。

今までどれだけ食べ過ぎてしまっていたのか…!恐ろしいです。。

ちなみにおしゃぶり昆布を1袋を全部食べてしまったら、11000~44000μgものヨウ素を摂取してしまう事になります…!

2袋食べてしまっていた私はどうすれば~!!もうやめときます。。

1袋全部食べてしまったのでは、適切な摂取量をかなりオーバーしてしまいます。

日本人の場合はお味噌汁や和食の味付けなどでだしを使うことも多いです。

そうなるとおしゃぶり昆布以外にもヨウ素を摂取している可能性が高いですよね。

おしゃぶり昆布の適量は1日、約1枚程度だと覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

子供の場合の適切なおしゃぶり昆布の摂取量は?

子供の場合はもっと少ないですので、気を付けないといけません。

ちなみに子供の場合の1日のヨウ素の摂取量は以下のようになっています。

0カ月~5カ月:0.25mg (250μg)
6カ月~11カ月:0.25mg (250μg)
1歳~2歳:0.25mg (250μg)
3歳~5歳:0.35mg (350μg)
6歳~7歳:0.5mg (500μg)
8歳~9歳:0.5mg (500μg)
10歳~11歳:0.5mg (500μg)
12歳~14歳:1.2mg (1200μg)
15歳~17歳:2mg (2000μg)

幼児の場合はおしゃぶり昆布1枚でも多すぎるくらいなんですね。

それでもどうしてもおしゃぶり昆布が食べたいんだっ!!

「おしゃぶり昆布を1枚しか食べれないなんて我慢ならん…!」という方へ朗報です。

おしゃぶり昆布を毎日摂取することは、ヨウ素過剰になってしまいますが、実はヨウ素の摂りすぎを止めると自然に回復します。

ですので、どうしても食べたいという方は毎日の摂取は避けて、たま~に食べる分にはヨウ素過剰は自然に回復するのでアリです。

食べ合わせによってはヨウ素の過剰摂取が抑えられる?

先ほどもお話しましたが、日本食にはだしが使われることが多いので、毎日のお味噌汁や和食の献立だけでかなりのヨウ素を摂取し続けてしまっています。

これじゃ、日本人はみんなヨウ素過剰になっちゃいますよね。

確かに、とろろ昆布はひとつまみで、インスタントの昆布だしは100mlで既に1日の上限摂取量の3分の1以上を占めています。

お味噌汁は毎食食べたい!という方もいるでしょうし、昆布だしじゃないと!というこだわりを持っている方もいると思います。

これじゃもう完全にとり過ぎですよね?

でも、みそや納豆、醤油、豆腐などの大豆製品を昆布と一緒に摂取すると、なななんと!ヨウ素中毒を防いでくれると言われているのです。

昆布だしをお味噌汁に使って食べるという事は、この大豆製品とヨウ素を一緒に摂取するという事。

昔の人の知恵には本当に関心させられますよね!

これで安心してお味噌汁を食べる事が出来ます^^

おしゃぶり昆布を食べ過ぎると下痢、吐き気が起こる?便秘には良い!

これは私もたまになってしまうのですが、おしゃぶり昆布を食べ過ぎると、お腹の調子が悪くなることがあります。

これは、おしゃぶり昆布に含まれる食物繊維が影響しています。

適量を食べるぶんには便秘解消に効果的なのですが、食べ過ぎてしまうと食物繊維の摂り過ぎで下痢になってしまう、お腹がゴロゴロしてしまうという方もいます。

食物繊維はそもそも消化に良くない食べ物ですので、元々胃腸が丈夫でない方や体調のすぐれない方は、食物繊維が胃腸を刺激し、下痢や腹痛を起こしてしまうんですね。

また、同じく食物繊維が多量に含まれることによって胃腸に負担をかけてしまい、おしゃぶり昆布を食べ過ぎて気持ち悪い…と吐き気をもよおしてしまう方も。

何でも食べ過ぎは体によくありません。

胃腸があまり丈夫でない方は特に気を付けて下さい。

適量の摂取を心がけましょうね。

 

この記事をまとめると…

・おしゃぶり昆布の適切な摂取量は大人の場合で1~2枚。

・食べ過ぎは甲状腺異常、下痢、吐き気の原因になる。

・大豆と一緒に摂取するとヨウ素の過剰摂取を抑えられる。

・しばらく摂取をひかえればヨウ素過剰は自然と回復する。

適量を摂取して、健康的に過ごしたいですね。