冬のイベント

クリスマスケーキが半額・割引になるのはいつ?狙い目の場所と時間!

クリスマスケーキというくらいですから、クリスマスを過ぎて売れなかったらどうなるんでしょう。

11月には予約が始まるクリスマスケーキ。
大人気のお店なんかは予約するのに構えて待たないといけないなんて事もあるますよね。

そんなケーキもあれば売れ残るケーキも必ずあります。

具体的にクリスマスケーキって、24日、25日いつごろから割引半額になるんでしょうか。

美味しくて安いクリスマスケーキをゲットすることは可能なのか。
あなたは、ご存知でしょうか。

スポンサーリンク

クリスマスケーキを半額・割引で買うなら夕方から夜が狙い目!

クリスマスケーキは26日には廃棄処分になることが多いです。

時々、26日が土日にあたる場合、26日にクリスマスパーティーをするかもしれないという狙いから値下がりしなかったりします。

こんな場合を除いては、クリスマスケーキはクリスマスを過ぎたら賞味期限すぎるイメージありませんか?

だから、25日の夜、売れ残りクリスマスケーキは高確率で半額になっています。

夕方で3.4割引きというところでしょうか。

賞味期限の加減から24日の夕方や夜にかけて、クリスマスイヴ用ケーキの割引、半額もあります。

いずれにしても、夜が狙い目。

今日中に売りたい!という時間を狙いましょう。

スポンサーリンク

クリスマスケーキを買う場所によってはケーキすら存在しない

人気ケーキ店や予約数しか作らないケーキ屋さんが増えました。
無駄をなくしたいなら当然かもしれません。

予約券とケーキ引き換えなどのケーキ屋さんでの割引や半額ケーキを狙うことは不可能ですから、食べたい買いたいケーキ屋さんがあるなら、無駄な割引待ちは無駄にしかならないので、速やかに予約注文し、ワクワクしながらクリスマスを待つべきです。

ケーキにこだわりある人は、割引とか言ってないでケーキ屋さんに走りましょうね。

安く買いたいならやっぱりコンビニ!味良し値段良し半額可能性高し!

コンビニケーキは高確率で割引、半額が期待できます。

期限切れは必ず廃棄されます。
廃棄されるならば売り切りたいのが当たり前。

最近のコンビニケーキは、ケーキ屋さんに劣らぬ味や見た目のものが多数あります。

25日夜はとくに大幅な割引が期待できます。
明日はもう26日。

26日までクリスマスケーキを置いておいてもコンビニにプラス作用になることが全くありません。

あら、売れ残り。流行ってないのね。クスクス。

こんな感じにしかなりません。

それに、基本的に賞味期限切れ商品を店に並べていたらダメですから。

油断禁物!最近のコンビニは予約制あり?客が多い場所も注意が必要

最近はコンビニでも売れ残り防止なのか交換券発行早期割引あり等特典をつけ、予約制になってます。
近い将来コンビニもケーキ屋さん化するかもしれません。

コンビニの需要がなんなのか理解している店主ならば、うっかり買い忘れ人のために、多数の売れ残り覚悟ケーキを用意するはずです。

駅前やオフィス街、学校近くなどのコンビニしか近所にない人は要注意です。
割引ありきでケーキを用意していないと食べられない羽目になります。

なぜならば、人がよく来るコンビニはやはり、売れ残り、買い忘れケーキを求める人が来る割合が多いからです。
とくに駅前コンビニは、仕事帰りに買って帰るあらゆる立場の人が利用する可能性が高いところです。

閑散とした寂れたコンビニはちょっと警戒してしまいますが、そんなコンビニの方が来客がないため、割引率も高め、売れ残りも多数あります。

地方住みならばスーパーも狙える

私の地域は田舎で、コンビニとスーパーが同じくらいの地域です。
こんな場所では、スーパーもクリスマスケーキ商戦に参戦します。

テレビでしか見ないような山積みケーキ箱の前でクリスマスケーキを売る特設会場みたいなのがあったりします。
そして、24.25日どちらも、夜には半額シールが。

スーパーの全ての商品に貼られる半額シールを持った人が時間になるとケーキ箱にも半額シールを貼りにきます。

18時くらいなら30パーセント引き、20時には半額シール。

スーパーはこのような感じです。

同じような田舎具合の人なら、おそらくこのパターンですから、スーパーはオススメです。

まとめ

どうしてクリスマスケーキの割引や半額にこだわるのか。

人により事情も違うし、理由もあるでしょう。
ここは聞かずにいましょう。笑

私も40代、いろいろありましたからわかりますよ。
何か、割引半額クリスマスケーキにこだわりたい理由があるのだろうと…。

そんなことより、わかっていただけましたか?

狙い目は寂れたコンビニ、スーパーです。
時間は24.25日とも夕方から夜。

とくに25日20時には大幅割引が期待できます。

コンビニなら大丈夫だ、の油断は寂れたコンビニのみですよ。

人通りある、流行っているコンビニはあなたのような割引クリスマスケーキキラーが沢山います。
つまり、仲間のようで敵なのです。

クリスマスケーキを求める敵になってしまうんです。
こんな不毛で無駄な争い、他にあるでしょうか。

私はキリスト教徒でもカトリック教徒でもありませんが、クリスマスにはケーキを買ってしまいます。

そう、私のような無宗教のくせに家に意味不明な神棚や仏壇がありながら、クリスマスケーキを購入するという多文化社会を推進する日本経済を潤そうとしているようで実は何も考えず、「ウェーイ!!」とクリスマスを楽しみたいがために定価購入するヤカラがいるから、なかなかケーキが割引されないのです。

今、この記事を書きながら私は、今年のクリスマスケーキについて真剣に考えています。

私のような人間が減れば、割引時間が早くなるのではないか、なぜ私は甘いものが食べられないのにクリスマスケーキを買っているのか、自問自答しています。

割引、半額キラーの様な明確な目的もないのに、クリスマスケーキを買うということを今一度、考えてみます。

皆さんのクリスマスがハッピーになる様に、割引クリスマスケーキか早めに購入できるようになるには私は今年クリスマスケーキを買ってもいいのか、今からヤフー知恵袋に聞いてきます。

ハッピーメリークリスマス!!