コスメ

ドーランが売ってる店、場所ってどこ?ハロウィン前は売り切れ注意!

ドーランといえば??

舞妓さん、歌舞伎役者さん、役者さん。

白塗りドーランはTVの人はしませんね。

私の友達の中で一時期、京都の舞妓さん体験が流行り、撮影をしてもらうというコースらしく、その時に真っ白なドーランを塗り別人みたいに艶っぽいのを見て、すごい!と思った記憶があります。

ハロウィンなどフェイスペイントにも使えるドーランについて書いていきます。

どこで手に入るのか知りたい方は是非。

スポンサーリンク

芸能人御用達!?ドーランとは?

Wikipediaより引用します。

ドーランとは化粧品の一種で、主に舞台演劇などの用途に使われる油性練り白粉のことである。
ほかにも、仮装・コスプレでのメイクや、兵士・自衛官の野外での偽装のためのカモフラージュメイク(フェイスペイント)でも使用される。
漢字の当て字で「胴乱」と書かれることがある。

色は、白、黒、赤、青、黄色、褐色など様々な色があるようです。

TV出演している人たちがこのドーランを塗っているって本当なんでしょうか。

してる人、していない人いるみたいで、ファンデーションとの違いは、塗り絵の様に塗りつぶすところ。

つまり肌に凹凸があってもピッタリ塗りつぶすから、つる肌に見えるんです。
TV向きらしいです。

今は肌の毛穴まで写るTVになりましたから、ドーランも減ってしまったみたいで、代わりになんらかのものがあるんでしょうね。

スポンサーリンク

ドーランを売ってる店、場所はどこ?薬局は?

舞台用のドーランは三善という会社が大手になるようです。

舞台メイク用だから高い!?

そんな事はありません。
864円で販売しています。

以下、HPより三善のドーランの特徴です。

ドーランといえばこちら!
舞台の強い照明に負けないよう赤味が強いのが特徴です。

必ず固く絞った水ありスポンジでご使用下さい。

大人のお顔で小豆2個分が適量ですが、新しいスポンジですとスポンジに吸収されてしまいますので若干多めに取って下さい。

指で練ると体温で柔らかくなり、伸びやすくなります。

三善さん一押しの様です。

ふつうにドーランが欲しいなら、インターネットでなんでも買えちゃう時代、正直パソコン・スマホを叩けばすぐに出てきます。ドーラン一覧が。

多彩なカラー、値段、メーカーあるようです。

舞台用のドーランで白塗りメイクを真似したい!という人。
大丈夫です。

amazonに売っています。
案の定、ハロウィン前は品薄状態になるみたいですので、ハロウィンメイク用にお探しの方は在庫がありましたらお早めに。

>楽天で購入

>Amazonで購入

ちなみに、薬局ではあまりお目にかかれません。

大きい所ではあるかもしれませんが、私は見たことがありません(>_<)

ドーランの落とし方!綺麗に落とす専用クレンジングはあるの?

 

舞台メイクの三善のドーランを綺麗に落とすクレンジングは三善に売っているんでしょうか?

…残念ながら売ってません。

市販で比較的綺麗に落ちるものがあります。
舞台メイク専用ドーラン三善が綺麗に落ちますから、その他のドーランも綺麗に落ちます。

・PONDS(ポンズ)

・ソフティモ ホワイト コールドクリーム

・マンダム ビフェスタ/うる落ち水クレンジング

・アイメイクアップリムーバー

アイメイクリムーバーはコットンに含ませて、馴染ませるときれいにツルンと落ちますよ。

ドーランの使い方〜白塗りメイクを習得!?〜

ドーランを塗ったからといって、歌舞伎役者やデーモン小暮にはなれません。
更に手間がかかるに決まっています。

どうしてもドーランメイクを決めたいあなたのために調べてみました。

化粧品ですからドーランメイクには化粧手順と同じものが必要てます。

・パフ

顔全体になじませるマストアイテム。

・ブラシ

櫛ではありませんよ。
何本かのブラシで、色分けをし、よりリアルな歌舞伎役者やデーモン小暮になるのです。

ファンデーションとはまた違うドーランを使うにあたり、注意事項があります。

・口に入れない

好き好んで入れないと思いますが気をつけてください。

・目に入れない

なんでも異物が目に入ることが良い訳ないので、気をつけましょう。

・クレンジングはしっかりと!

こんなもの、綺麗におとさないと皮膚呼吸が死んでしまう上、肌にも悪すぎます。
満足したら、すみやかに落としましょう。

プロにドーランメイク撮影してもらえる場所がある!

京都に舞妓や花魁体験・撮影できる場所がたくさんあります。

http://www.maiko-maiko.com/sp/

美しいですね。
デーモン閣下よりはやってみたいです。

花魁も美しいですよ。

体験した友達によると、どちらもドーランを塗るのだとか。
毛穴が死ぬんじゃないかってくらいはたかれたらしいです。

すごーくステキな思い出になり、ドーランが好きになれる場所。
こちらは祇園四条町にあったお茶屋を改装して、この様な撮影体験に変わった場所だそうです。

京都にはあちこちにこんな場所があります。
調べて、行ってみたい場所でドーラン体験して下さい!
メインは舞妓さんか花魁ですからね。

とてもオススメです。

まとめ

私はドーランについて全く知りませんでしたが、皆さんにドーランを知ってもらうため、かなりドーランに詳しくなりました。
今後、ドーランについての知識は負ける気がしません。

なかなか私たちには縁がないドーラン。
ハロウィンや舞妓体験、個人的趣味に今後活躍し、身近なものになるかもしれませんね。

そんな世の中になったら、私もドーランを塗りたくり、コスプレでもしようと思います。