夏のイベント

大和郡山やまとの夏祭り2018花火の時間は?地元民がご紹介!

城下町として栄えた大和郡山市の花火大会は、規模は小さいですが、なかなか楽しめるお祭りです。

大和郡山といえば、金魚!
金魚モチーフの飾り付けがされるメイン会場は、金魚の町と忘れさせません。
金魚が花火を見てるみたいで可愛いですよ。

子供は飾りにも反応します。
そういうところを見ると小さい子向きかな?と思いますが、かわいいカップルも結構いました。

隣接府県からは、郡山城跡や町並みから歴史を感じるために来てる人も多い様です。

花火は、郡山城跡から打ち上げられます。
スターマインや単発が多いですが、雰囲気が良いので風情ある花火大会を楽しめるんですよ。

スポンサーリンク

大和の夏まつりの日時や場所、アクセス情報

・開催日

2018年8月4日(土)

・開催場所

大和郡山市北小学校グラウンド

・時間

花火は20時~20時半(お祭りは16時~21時)

・アクセス

駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

・Webサイト

http://yamatokoriyama.jimdo.com/(大和郡山商工会青年部)

・お問い合わせ先

大和郡山市商工会

・住所: 〒639-1160 奈良県大和郡山市北郡山町185-3

・TEL: 0743-53-5955

スポンサーリンク

地元民が盛り上げて盛り上がる!!子供が楽しめるお祭り・花火大会

小学校がメイン会場ですから、まずは花火の前に模擬店やちびっ子広場で遊びます。

模擬店というのが、地域的で温かさがあるでしょう^^

結構種類豊富なんで、楽しめる模擬店です。

さて、私は参加した事がないのですが盆踊りもあります。

日本の夏を全身で感じられるイベントですよね。

毎年、ちびっ子広場でやることは変わる可能性があるので、2018年はわからないのですが、低年齢層向きには違いありません。

孫を連れたおじいちゃん、おばあちゃんの姿が沢山見られてなんだかホッとしますよ。

花火大会が始まり、メイン会場から打ち上げ場所の郡山城跡に移動する人が沢山います。

早めに向かうなどすると、人混みで疲れないと思います。

ドカンと大きな花火も盛り上がり、子供たちは喜びますが、やはり、郡山市なので、金魚の形の花火が上がると、大人も子供も歓声をあげます。

うわ〜、金魚!!

http://www.yk-kankou.jp/eventDetail11.html

子供がまだ小さい時に行ったんですが、未だに金魚花火の場所、なんて言います。

【注意事項】

・ゴミは持ち帰りましょう。

・人の迷惑になる様な事は辞めましょう。

・小さな子供が沢山います。歩きスマホや歩きタバコは絶対やめましょう。

・迷子にならない様に目を離さない様にしましょう。

大和の夏まつりの混雑状況

例年5000人ほどの来場者と言われていますから、すごい混雑はないかと思います。普段よりは確実に混み合うので、子連れの場合は気をつけてあげてください。

まとめ

地元から愛され、地元の人たちが一丸となり長く続けられているやまと夏まつり。

郡山城跡や城下町を見ると、歴史に触れることもできます。

また、金魚が有名なので、いろんな場所に金魚が登場してます。看板やパンフレットなどなど…

ローカルなお祭りですが、なかなか楽しめるので、一度足を運んでみてくださいね^^