夏のイベント

【中止決定】葛城市納涼花火大会の穴場、駐車場、屋台情報を地元民が紹介!

2018年の葛城市納涼花火大会は安全上の問題から残念ながら中止が決定しました。

詳細は葛城市商工会HPをご覧ください。

 

自然豊かな葛城山麓にある屋敷山公園周辺から、色とりどりの花火が次々に打ち上げられ、鮮やかな夜空を見せてくれます。
山の花火もなかなか素敵なものです。

奈良県は盆地ですから、少し高台辺りで行われる葛城市納涼花火大会は、2.3駅向こうの我が家の窓からも見えるんですよ!
田舎万歳!!笑

葛城納涼花火大会の会場から近い場所に友人がいたので、学生時代から、私はそちらから見たり、歩いて行ってた、親しみある花火大会なんです。

会場となる公園は、自然いっぱいの美しい場所。
小さい時、よくピクニックに行きました^^
そんな場所でドンドン!!と、花火が打ち上げられます。

そんな昔大好きな葛城納涼花火大会の穴場や駐車場、屋台情報などを地元民の私がご紹介します!

スポンサーリンク

葛城市納涼花火大会の日時・場所・交通規制

・場所

奈良県葛城市新庄・南藤井 屋敷山公園一帯

・日にち

※2018年の日程はまだ出ていませんが、例年7月15日前後です。

・交通アクセス

電車の方:近鉄御所線近鉄新庄駅から徒歩20分

お車でお越しの方:南阪奈道路葛城ICから車ですぐ(当麻イトーピア駐車場)

・打上時間

20:00~21:00(アトラクションは17:30~20:00)

・打上数

約3000発

・お問合せ

葛城市商工会 0745-69-2480
または葛城市ホームページにてご確認ください。

○当麻イトーピア駐車場からシャトルバスあり。

○会場周辺の交通規制:あり(19:00~22:00、会場周辺) ※公共交通機関をご利用ください

 

〇有料観覧席もあります。
ゆったり見たい人は問い合わせてみてください。
1500円、1800席用意されてます。

スポンサーリンク

花火が始まる前から楽しめる!?アトラクションの数々

花火が上がる20時まで、17時45分からアトラクションが開催されます。

アトラクション: 午後5:45~8:00(予定)

内容:當麻太鼓白鳳座、津軽三味線、ヒップホップ、よさこい、琉球太鼓のアトラクションを予定

場 所:奈良県新庄第二健民運動場

有料観覧席 : 1,500円(アトラクションや花火が間近で見ることのできる特別席です。数に限りがありますので、お早めにご購入ください。)

販売場所:葛城市商工会 〒639-2147 奈良県葛城市新庄454-2

問い合わせ:0745-69-8019

※こちらは、2018年の情報ではありません。
内容は変わる可能性がありますが、場所や問い合わせ先は一緒です。

 

三味線やよさこい、日本文化が楽しめるんです。
当麻太鼓は圧巻!!
2018年はわからないですが、歴史や文化ある街ですから、機会があれば触れてみてください^^

この後、見事な花火が上がり、観客を魅了してくれます。
屋台も沢山出ますから、子供も大人も楽しめますよ。
私が子供の頃は必ずいちご飴とかき氷を買って食べた記憶があります。
長く続く花火大会ならではの懐かしさを感じます。

葛城市納涼花火大会の穴場

穴場とはちょっと違うかもしれませんが、花火を特等席で見たいのならば、やはり有料席で見るのがベストですね。

でも、高い場所から打ちあがる花火なので、離れた場所でも見ることが出来ます。
私は家から見ています(笑)

さえぎる建物がない場所でしたら、少し離れた場所に車で移動しつつベストなポジションを見つけるのもアリかと思います!

葛城市納涼花火大会 注意事項

*マナーを守り、近隣住民に迷惑にならない様にしましょう。

*ゴミは持ち帰りましょう。

*例年、人混みがすごいですから、子連れの人は迷子にならない様気をつけてください。

*交通規制に従い、安全を心がけてください。

葛城市納涼花火大会 混雑状況

公園前の道が、大阪方面と和歌山方面に繋がっています。
裏道でない限り一本道ですから、終了後はやはり大混雑します。
早めに帰るなど、渋滞回避したい場合は対策した方がいいです。

公共機関も同じです。先に帰りの切符を買っておきましょう。
子連れの人は、混雑すると予測し、必要なものを持ってきてあげてください。

まとめ

葛城山麓を鮮やかに彩る地元民に愛される花火大会。
今は家から花火を眺めていますが、以前は家族でアトラクションから楽しみました。
地元民は思い出がいっぱいの花火大会なんです^^

隣接する府県からの観客も多いです。
花火の近さや美しさは太鼓判!!
公園が会場なので、トイレの心配もありません。
虫除けスプレーは必須かもしれません。

山の空に輝く花火を一度見てください。
また、来年も来たくなる花火大会です。