恋愛

旦那からの束縛はDV!?束縛は法的に離婚理由になる?

「束縛って離婚理由になるかな…?」

学生時代の友人から、相談されたんです。
理想の夫婦!!なんて言われていた2人でしたから、とても驚きました。
まさか、離婚を真剣に考える程の深い悩みがあるなんて、思いもしなかったんです。

そういえば、結婚してから、旦那さんと2人で集まりに参加する事はあるけど、女子会とかランチには絶対に来なかったな。
みんな、ラブラブ過ぎて来れないのかな(笑)なんて、言ってたけど、どうやらそうではなかったんです。

束縛で離婚…。
あまり聞いたことがないです。

友人の顔色、やつれ方、全てから、冗談ではなく、現実なんだとわかった時に、協力しなければいけないと思いました。

束縛は離婚として認められるのでしょうか…?

スポンサーリンク

束縛にも種類がある!?DVにあたる?束縛の程度は?

私は身動きが取りづらい友人のために、調べてみました。
まず、束縛にも種類が沢山ありました。

・異性と接点を持たせない。

・外出させない。働かせない。

・行動を報告させる。

・極端に少ない金額しか生活費を入れない。

・服装に制限をする。

・思い通りにならないとモノに当たる。

・思い通りにならないと暴力をふるう。

最後はもう完全なるDVで、傷害になりますから、病院で診断書を取って調停を起こせば離婚できますね。

上記したもの全て、度がすぎるとDVに該当します。

ただ、その「程度」を判断するものが何なのか…

 

例えば、働かせない、少ない生活費は経済的DVに該当します。

仕事相手との業務連絡すらダメとなると、これも経済的DVと共に酷い束縛と判断されますよね。

服装、行動の制限・報告なんて、言葉を変えれば、心配・愛情かもしれませんが、される方は苦痛以外何もありませんよね。

服装にうるさい彼氏や旦那!この程度で露出?上手く付き合っていく方法 | みんなの知恵袋
清楚・品がある・綺麗系・髪は黒・スカート丈は膝にかかるくらい… 存分におしゃれを楽しみたい気持ちに世代なんてありませんよね。 10代は10代の、40代は40代の【おしゃれ】ってありますよね?! 別に「男ウケ」を狙ってないからこそ、イマドキのおしゃれをしている訳で、「男ウケ」を狙ったら、絶対上に挙げた様な感じになりませんか?? ・スカートが短い! ・茶髪はイヤ! ・ちょっと、肌見せすぎ! ・誰意識してるの? こんな彼氏や旦那を持つ人いませんか?? ほかに悪いところはないし、私が趣味や好みを曲げたら良いのか悩んでるところなんです…。 上手く付き合っていく方法、また露出に対してうるさい男への対処法… 知りたくありませんか? ファッションハラスメントという言葉が存在する!!意外と多い!?服装やメイクにうるさい彼氏や旦那 ある評論家は言ってました。 女性にとってファッションは生き方だって。 個性とか好みが出ますよね。 それを全否定する彼や旦那って、私たちの生き方そのものを否定しているんだ!って。 そこまでは思わないけど、私も彼氏に着てほしいな、と思う服があるし、それが本人に合うか合わないかで、この価値観がピッタリ合えば、それはもう全然ファッションハラスメントじゃないです。 好みピッタリのお似合い夫婦・カップルになれますよね。 私は彼氏に好みを押し付けたりしません。 だって、みんな服くらい好きなもの着たいし、髪型だってチャレンジしたいものとかあるじゃないですか!? でも、彼氏は違うんです。 胸元が開きすぎ! スカート短すぎ! メイク濃い! 派手じゃない!? 地味すぎ!! どうしたらいいの?! 私の様な人、結構いると思うんです。 実際私の周りにも同じような境遇の友人がいて、服装についてうるさい彼氏に対して色々対策していると言っていました。 露出にうるさい彼氏や旦那への対策 ここで少し、私や周りの友人の露出にうるさい彼氏対策をご紹介しましょう。 ・インナーはユニクロのタンクトップのワンサイズ小さいものを前後ろ逆に着る。 (だいたいタンクトップって後ろの方が首が詰まってますよね。これでかがんだ時の胸チラ対策になります。) ・インナーはチューブトップを着る。 (チューブトップならかがんだ時に服とブラの間に隙間ができません。)

私は離婚経験があり、まあ、彼女とは全然違うよくある浮気が理由の離婚だから「束縛が理由の離婚」が出来るかどうかわからないんです。

でも、どんな理由の時も私が離婚した時の弁護士さんに、細かな事まで記録する様言われたんです。

遡って、覚えている限りを書いていき、これからも記録をしていく様、友人には伝えました。

束縛するくらいだから、簡単に離婚に応じるはずがありません。

調停や裁判に有利な証拠になるものは必ず残しておきましょう。

スポンサーリンク

法律的に「束縛が理由の離婚」はできるのかどうか

日本は法国家ですこら、やっぱり法律的にはどうなのか、気になっちゃいますよね。

旦那が離婚に応じれば、当たり前ですがどんな理由でも離婚は成立します。

どちらかが応じない場合のために、「民法」があります。
小難しい所まで調べてみました。

◆民法770条1項

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

私の場合、770条1項の一に該当しました。
不貞行為、浮気ですね。

彼女の場合は五の「婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当するかどうか、ですよね。

本当にこれは難しいみたいで、婚姻関係の修復が可能か否か、で決められてしまうようです。
だから、ケースによる、という事ですよね。

何故、客観的な立場の人間が、婚姻関係継続可能か、修復可能かを決めてしまうのか、腹立たしいです。
だけど、実際そうなってしまうのだから仕方ありません。

友人の場合、最初に書いた様に周りから見れば「理想の夫婦」。
かなり難しいだろう、と思いました。

行動するしかない!?婚姻関係修復不可能と認めてもらうために

事実上、夫婦生活破綻、婚姻関係修復不可能と判断してもらうしかない、となりますよね。

そんな方法あるの?!

まず、家を出ましょう。

別居期間が長いと、夫婦関係修復不可能と判断される場合があるんです。

一緒に住めない、住みたくない、夫婦としてやっていけない!!を客観的に認めてもらう方法の一つ。
同時に弁護士に相談です。

 

ここで注意が必要なのは、束縛型の旦那は激昂しやすい傾向があります。
引き留めるために、暴力をふるいかねません。
また、泣き落としや、なんらかのアクションを必ず起こすはずです。

家を出る時は旦那に見つからない時にした方が良いです。
監禁でもされてしまったら大変ですからね。
間違いがあってからでは遅いんです。

まとめ

この後、友人は約1年半で離婚成立しました。
調停でかなり揉めた様ですが、裁判の手前で旦那が離婚に合意した様です。
簡単にはできませんが離婚は成立しました。

今、友人はイキイキと好きな仕事に励み、大好きなワンピースを着て、オシャレを楽しみ、人生を楽しんでいます。

もし、彼女の様に束縛に悩み、離婚を考えているならば…

・どんな事をされたか記録をつける。

・モノに当たったら、壊れた物があるなら撮影しておく。

・信頼できる人への根回し。

・行動にうつす。

・弁護士に相談。

これらにより、束縛DVと認められ、離婚できる事もあります。

自分が我慢すれば良い、と考えてしまいがちの様ですが、我慢できる範囲ならば修復に向け話し合いをしたら良いですが、そうでないならば我慢するだけが人生ではありません。

諦めずに、自分の未来のために、怖がらずに闘いましょう!!

旦那の束縛がうざい!もう限界!我が家が実践した対処法! | みんなの知恵袋
「どこへ行くの?」 「誰と?」 「何時に帰ってくるの?」 「誰からのメール?」 「浮気してるんじゃないの?」 挙げていくとキリがない旦那からの言葉の数々。 いつからこんな風になったのか、最初からそうだったのか、思い出す事も疲れてしまいました。 旦那って、こんなに束縛するものなの?!もううざい! よく、釣った魚に餌はやらない、と、怒る友人の話を聞くのですが、私は逆にそれが羨ましかったりします。 絶対言えませんが… 「いつまでも関心がある証拠!」 「仲良くていいね!」 「自虐風自慢?!」 とんでもないです! 私の様な人間は少数派なのか、贅沢な悩みなのか、どうすれば普通の夫婦の様になれるのか。 そもそも普通の夫婦ってなんなの!? ここまで追い込まれた時に、真剣に旦那の性格、取り巻く環境、なぜ私こそにここまで執着するのかを考えたんです。 束縛旦那への対処法、知りたくありませんか…? 過去のトラウマ!?生きてきた環境が束縛するか否かを左右する事も! 私の旦那は父親を早くに亡くし、母、姉と3人で暮らしていました。 20歳の時に大喧嘩し、音信不通らしいのです。 喧嘩内容は他愛ないもので、どちらも意地の張り合いなのか何なのか、取ろうと思えば取れる連絡を取らないんです。 職場も電話番号もわかっているのに、一切音沙汰がありません。 結婚する時、言いにくそうに旦那が私の両親にその事を言うと、うちの両親は別段気にしませんでした。 むしろ姑で苦労した母は、「身内なんていない方が楽!」と、喜んだくらいです。 私も、嫁姑劇を見て育ちましたから、積極的に連絡を取りたいとも思いませんでした。 これが、最大の伏線だったと今は思うんです。 結婚前はそうでもなかったはずです。 結婚後、「嫁」「家族」「家庭」に執着していると気付いたんです。 よくある喧嘩の延長から簡単に「勘当」し、「勘当された」事が、旦那の束縛に拍車をかけていました。 旦那は少しでも連絡を取らなかったり、ラインを既読スルーすると、大量の着信履歴が… そして必ず言います。 「おまえまで俺を捨てるのか!?」 誰と重ねているんだか、訳のわからない事を…と呆れてしまいました。 折角家族になれたのに、なんかもお決まりのセリフです。