生活

フローリングにアルコールスプレーをこぼしたら白いシミに!修復方法は?

うっかりフローリングアルコールスプレーをこぼしてしまうこと、ありますね。

もしくは、消毒にもなるし…とアルコールスプレーで床を拭いたら白くなってしまったという方もいるかもしれません。

私も子供がハイハイの時期に、床を消毒しておかないと…とアルコールスプレーでをしたら、白くなってしまって困った経験があります(´Д`)

フローリングにアルコールスプレーを使うと、なぜ白いシミになるんでしょう?

どうしたら修復できるのか、実際に私が実験してみました!

スポンサーリンク

フローリングにアルコールスプレーをこぼして白くなる理由と修復方法

フローリングの掃除でアルコールスプレーを使ってしまい、
白くなってしまったという経験もある方もいらっしゃるかと思います。

綺麗にするはずが逆に白くなって、目立ってしまったって事、ありますよね。

修復させるには、どうしたらいいのでしょう?

ワックスをはがして塗りなおす方法

樹脂ワックスで保護されたフローリングの上に、アルコールスプレーをこぼしてしまうと、
その部分が白くシミになってしまいます。

これはワックスの表面が剥げて白くなっているのではなく、上に別の部質が残ってる可能性もあります。

またフローリングの上にマットや布団など湿気を含むものを長時間放置すると、床に白いシミができることがあります。

種類にもよりますが、フローリングワックスは水分に弱い物が多いです。

そのため水分や湿気により白化してしまったり、剥がれてしまったりするのです。

床の表面全体に塗られているフローリングワックスが原因なため、
下手に一部だけ拭いたりこすったりすると、かえって白い面積が広がってしまいます。

湿気や水分による白いシミをとりたいときは、
フローリングワックスを一度剥がして塗りなおす必要があります。

賃貸物件の場合は、安易な本格的なワックス作業をすると後悔する場合があります。

もしフローリングワックスが未経験という方は、ご家庭でも気軽に利用できる
ワックス剥離剤とワックスを利用して試してみるのは、いかがでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

樹脂ワックス剥離剤 フロアリムーバー 本体(500mL)
価格:1740円(税込、送料別) (2018/5/14時点)

 

 

 

フローリングワックスを剥がそうとすると、かなりの労力が必要になります。

下手に手をだすと、一部だけ剥がれてしまったりムラができてしまう場合があります。

ポイントは白いシミが取れる程度に、家庭用ワックス除去液でフローリング全体を、まんべんなく薄く行うことです。

激落ちくん×サラダ油で応急処置

水分がフローリングワックスのどの部分まで浸透してしまったかにもよりますが、
軽症の場合はフローリングの表面を軽くはがしただけで、白いシミがなくなることがあります。

ワックスの掛け直しが面倒な場合は「激落ちくん×サラダ油」で、多少目立たなくなるので、応急処置としては良いです。

 

実際に我が家のフローリングのシミに試してみました!

こちら、アルコールをこぼしてしまって白くシミになってしまったフローリングです。

 

 

これに激落ちくんに水を付けてまんべんなくフローリングを整え、最後にサラダ油を塗り込みます。

こちらが作業後です。

 

 

まぁ、だいぶマシにはなっていますが、サラダ油なのでちょっとベタベタしますし、サラダ油が取れてしまえば元に戻ってしまうでしょう。

あくまでも応急処置と言った感じですね( ;∀;)

来客があるので今すぐどうにかしたい!という時には良いのではないでしょうか^^

スポンサーリンク

フローリングの掃除は何でするのがベスト?

フローリングの床って木のぬくもりが心地よいですよね。

だけど、お掃除をさぼってしまうと、いつの間にかホコリや床に落ちた髪の毛が目立ちますよね。

ですが、カーペットのように、ホコリや床に落ちた髪の毛が繊維と絡まることがなく、お掃除は簡単です。

ホコリは床の上にのっかかってるだけなので、乾拭きするだけで大分キレイになります。

適度な水拭きも必要です。

フローリングの掃除をするなら手順が大切です。

フローリングで掃除する方法を紹介したいと思います。

 

ここで掃除する方法は、週に2回ほど行いましょう。

もちろん汚れてしまったら、なるべく早く掃除してください。

用意するものは、

・フローリングワイパー

・掃除機

・ドライシート

・ウエットシート、あるいは雑巾

・中性洗剤

 

手順を説明しますね。

1、フローリングワイパーでホコリをキャッチします。

フローリングの掃除は、まずはドライシートを使用してホコリを取り除くことからはじめます。

乾いた雑巾よりも、ドライシートの方々が確実にゴミをキャッチします。

フローリングワイパーですと、立ったまま掃除ができるのでとても便利ですね。

※注意しておきたいところなのですが、先に掃除機をかけてしまうとホコリが舞い上がってしまいます。

舞い上がったホコリは2〜3時間で床に落ちてきます。

掃除したあとにまたホコリが落ちてきてしまうことになりますので、先にフローリングワイパーで掃除することをオススメします。

フローリングの床を掃除するのに便利なドライシートですが苦手な場所があります。

床板の間、目地(めじ) ともいいます。

2、そこで掃除機の出番です。

掃除機の先端を先の細いノズルやブラシに換えるのがオススメです。

掃除機をかける方向は目地をなぞるようにしましょう。

3、その後水拭きです。

フローリングを水拭きするときは、雑巾を固く絞り短時間で掃除しましょう。

軽い汚れなら中性洗剤を使わずに、水拭きだけで汚れが落ちます。

拭き掃除によっては、花粉を取り除くこともできるので、
花粉の時期にはこまめに拭き掃除するのがオススメです。

水拭きできなかったら中性洗剤を使用しましょう。

このとき、普段使ってる食器用洗剤も使えます。

中性洗剤で水拭きしたあとに、もう一度固く絞った雑巾で拭いてください。

しっかり水拭きをして、中性洗剤を取り除きましょう。

4、水拭きしたあとに、乾拭きをしましょう。

しっかり拭いて水気を残さないようにしましょう。

まとめ

今回は、床にアルコールスプレーをこぼしてしまった時の対処法と、フローリングのお掃除についてお話しました。

普段のお掃除には乾拭きで十分です。

毎日、床をひと拭きしましょう。

汚れがひどいときは、先ほどお話した水拭きをしてください。

毎日の一手間が綺麗なフローリングが長く続く秘訣でもあります。