ビューティーグッズ

手作り洗顔ネットの作り方…家にあるもので簡単に!

洗顔をする時、泡立てネットを使うと手で泡立てるよりも簡単にモコモコの泡が作れちゃうんですよね♪

100均でも、無印なんかでも売っていますが、
「いやいや、今すぐ欲しいんだよ。」
という方のために、今家にあるもので作れちゃう手作り洗顔ネットの作り方
分かりやすく画像付きでお教えしちゃいますね♪

 

スポンサーリンク

手作り洗顔ネットの材料

用意するものはたったの3つ。

100均で売っている排水溝ネット2枚、ヘアゴム、はさみ

以上です。

我が家にはザ・定番な青の排水溝ネットしかありませんでしたが、
ダイソーにはオレンジ、ピンク、黄緑とカラフルなものが売ってるのでお好きなカラーをどうぞ♪笑

スポンサーリンク

手作り洗顔ネットの作り方

まず、1枚の排水溝ネットの中にもう一枚の排水溝ネットを入れ込みます。

形を整えて…
(上下の長さがズレているのが気になったら、カットしてもいいかと。)

排水溝ネットをくしゃくしゃっとして、真ん中をヘアゴムで結びます。

結んだあと輪っかにしておくと、泡立てる時にやりやすいですし、吊るして干しておけるので便利ですよ♪

折りたたんだら完成!

めちゃくちゃ簡単ですね。5分もかかりません。

試しに泡立ててみました

さて、では肝心の使い心地はどうなんでしょうか?

私の愛用している洗顔せっけんのどろあわわを泡立ててみることにします。

ネットをお水で濡らして、軽く水気を切ります。

洗顔せっけんをネットに出して、クシュクシュ。

水分が足りないなと思ったら、少しづつ水を足します。
(水が多すぎるとうまく泡立たないので、ほんの少しづつです。)

はい!こんなにモコモコの泡がたちました♪

このどろあわわ自体がものすごく泡立ちの良い石鹸なので、ネットを使うと凄いことになりますねー!

 

洗う時は、泡を顔に乗せて優しくなでるように洗います。
しっかりした泡なので、ゴシゴシこする必要はないですよ!

ちなみによくある市販の洗顔せっけんでも泡立ててみました。
(〇ーフェクトホイップです。)

こちらでも手で泡立てるよりは短時間で泡立ちますね。時短です!

 

手で泡立てるというのは水の量の調節などコツがありますが、洗顔ネットを使うと誰でも簡単にモコモコ泡を作ることができます。

肌をゴシゴシ擦ってしまうと、刺激が強くて乾燥からのシワの原因にもなりますので、
まだ洗顔ネットをお使いでない方は試しに手作りしてみては(´・ω・`)