コスメ

ダイソーのエスポルールのリップグロスの口コミ!成分詳細

100均のダイソーで話題になっているコスメシリーズ「エスポルール」。
ネイルやチーク、ファンデーションと続々と種類が増えていっているんですが、
その中で今回はリップグロスをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エスポルールのリップグロスの成分は?

実はこのエスポルールのリップグロス、100均商品にしては珍しく日本製なんです。
裏面にもしっかりとMADE IN JAPANの表記があるのがお分かりになるかと思います。

 

気になる成分は以下です。

ミネラルオイル、ヒマシ油、水添ポリイソブテン、 パルミチン酸エチルヘキシル、ポリエチレン、ジメチルシリル化シリカ、セスキオレイン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、トコフェロール、ツボクサ葉エキス、ハチミツ、シア脂、コメヌカロウ、水、BG、水酸化コラーゲン、(+/-)、赤202、マイカ、酸化チタン

ハチミツやシア脂など、しっかり保湿成分も入っています。

スポンサーリンク

エスポルールのリップグロスは形状が変わった?

エスポルールのリップグロスで検索すると、スティックタイプの画像が多く出てくるのですが、
今回お店に並んでいたのはこのチューブタイプのみでした。

スティックタイプからチューブタイプに仕様変更になったのか…?
それともたまたま売り切れだったのか?
他にもコンパクトタイプになっているリップグロスも売っているので、
いろいろ種類があるのでしょうか。

真相は定かではありませんが、カラーバリエーションは全5色でした。
スティックタイプにはない「ピンクローズ」というカラーを購入してきました。

実際につけてみました

100均コスメというと、正直あまり期待できないなぁという先入観がありますが、実際はどうなのか…。
試してみます。

少し出してみました。
ピンクローズという名前ですが、なかなか赤みが強いですね。

唇に触れる部分が斜めにカットされているのがポイント高しです。
(真っすぐだとどうしても塗りにくいんで、ボテッと塗りすぎてしまうんですよねー。)

試しに手に出してみました。

ん?結構固形っぽいですね。

が、のばしてみると体温でとろけていい具合に広がります。

赤みも塗ってみると程よくピンク色に。

これ、グロスあるあるですよね。
塗ってみるとドギツイと思っていたのが意外と良い感じだったり♪

使用感もGOOD!でも持ちが…。

付けてみた感じは、伸びも良いですし塗りやすい。
発色も良いので、これで108円なら文句なしです。

全色買っても540円なら、プチプラコスメのグロス1本分ぐらい。
うん、安い。

これなら全色揃えて気分によって使い分けても良いですね!

 

ただ、持ちはあまり期待しない方が良いです。
何か飲んだり食べたりしたわけじゃなくても、気付いたら「あれ?塗ってたんだっけ?」って感じ。
こまめな塗り直しは必要になるかなと。

108円なら全然良いですけどね!
十分、お値段以上な商品でした。

エスポルールは他にも豊富なラインナップ

 

今日売っているのをざっと見ただけでも、アイシャドウ、チーク、ネイル、ファンデーションと種類はたくさんありました。

でも物によってはかなり品薄で、やはり人気があるのか「おひとり様〇個まで」という制限もついていました。
画像を見ていただくと分かるのですが、チークがだいぶ残り少なく、売り切れのカラーもありましたよ。

気になる方はお早めに♪