結婚

共働きで家事しない妻にもう限界!裁判所の見解は?

共働きの夫婦にとっては、
『家事の分担』が大きなテーマです。

・何をどこまでするのか

・誰がするのか

細かく決めているご家庭もあるかもしれません。

しかし中には仕事を理由に家事をしない女性も増えていて
そこに不満を持っている男性も多いです。

もしも『家事分担』がうまくいかず関係性がギクシャクしてしまった場合、
離婚理由として成立するのでしょうか??

もしくは『離婚』とまではいかなくても、
共働きであっても奥さんに家事をさせるいい方法などないのでしょうか??

スポンサーリンク

共働きで家事をしない妻、離婚理由になるのか?

共働きと言えども、
家のことは女性がするという方針のご家庭が多いと思います。

ですが最近は家事も積極的にする男性も増えており、
女性の社会進出が目立つようにもなってきました。

でもやはり男性からすると
『家事は奥さんにしてほしい』と思っている方のほうが多いのではないでしょうか??

うまく役割分担をして夫婦で支えあっていけるのが理想ですが、
なかなかそんな理想に追いつけないという夫婦もあると思います。

もしもそのせいで『離婚』に至ってしまった場合、
家事をしない妻のことを理由にできるのでしょうか??

 

調べてみると、
『妻が家事をしない』という具体的な例で

・部屋が汚い

・食事が惣菜ばかり

・洗濯物が溜まっている

などが挙げられますが、
これらを離婚理由にできるかと言うとなかなか厳しいのが現実です。

なぜなら、

・部屋が汚い → 感じ方に個人差がある

・食事が惣菜ばかり → 食事はできている

・洗濯物が溜まっている → 死ぬわけではない

最後の例は極端ですが、
でもこの極端な話が実は重要で
いくら部屋が散らかっていても、食事がお惣菜ばかりでも
命に関わるということではないですよね。

これが食事が全く出てこなくて餓死状態になっているのであれば話は別です。

共働きだと忙しくて家事にまで手を回せないというのはよくある話なのです。

裁判所は
『男性は仕事、女性は家事』という概念があるわけではないので
(そもそもこの考え方が古いんです!)
それを理由に離婚が成立するかというと難しいんですね。

スポンサーリンク

なんとか解決したい!家事をしない妻に家事をさせる方法は?

でも、家事さえしてくれれば離婚までは踏み切らないというケースはあるでしょう。

そういったケースの場合、
家事をしない妻に家事をさせる方法などあるのでしょうか??

 

手っ取り早いのは『話し合い』でしょう。

まずはお互いにしっかりと向き合ってじっくりと話す時間を設けることです。

共働きだとなおさらすれ違いが多くなって
2人で話す時間なんてほとんどないのが現状です。

家事分担以前に、そういった夫婦のすれ違いが大きな溝になっている可能性が高いです。

まずはお互いに話し合う時間を設けて、
普段溜まっている鬱憤をすべて話してしまいましょう!

 

話し合いをすることで

「この人はこんなことを思っていたんだ」

「こんな考え方をするんだ」

という発見が必ずあるはずです。

言葉にしなくても伝わると思っている方もいるかもしれませんが、
どんなに仲のいいカップルや夫婦だって
やはり言葉にしないとわからないことってたくさんあるんですよ。

話し合いをすることで相手を理解できて、
今まで感じていたことが少し楽になるということは十分考えられることです。

相手が負担に思っていたことは手伝おうと思えたり、
ここは自分が積極的にやろうという意欲だって湧いてくるはずです!

まずはお互いに向き合う時間を設けるところから始めてみませんか??^^

それでも解決しないという場合は
こちらの記事も参考にしてみてくださいね( ^^;)

共働きの家事にもう疲れた…そんな新婚のあなたへの解決策はコレ! | みんなの知恵袋
共働きの新婚さんとなると すべてのことが初めてだらけで大変なことが多いと思います。 特に大きいのは家事との両立。 今までは自分のことだけをしていればよかったところ、 これからは夫の分まで面倒を見なければいけない。 これを喜びと感じる女性もいますが、 負担だと思う女性の方が多いような気がします。 共働きであれば家事の一部を旦那さんに手伝ってほしいですよね! 昔は、『男性は仕事、女性は家事』という言葉がありましたが、 これはもう古いお話で、 今は社会でもバリバリ働いている女性が多いです。 社会貢献をしているのだから 家事をすべてこなさくてもいいのでは?と思いたいですが、 実際はどうなのでしょうか?? また少しでも家事が楽になる解決策もお伝えしますね。 共働きの家事は全部妻がするもの? 共働きであれば家事も夫に手伝ってほしいものです。 『手伝って』と言って快く引き受けてくれる男性もいれば 『えー…』と嫌々手伝おうとする男性もいると思いますが、 家事って実は『夕方の勤務』と言われるほどの大仕事なんですよ! まず家事にはどんなものがあるのかをザッとまとめてみました。 ◆料理 ・朝/昼/夕/お弁当の準備 ・茶碗洗い ・食材管理 ・買出し ◆洗濯 ・洗濯洗い/手洗い ・干す/畳む/仕舞う ・アイロン ◆掃除 ・玄関/リビング/ダイニング/和室/風呂/トイレ/脱衣所/居室 ・水周り ・ゴミ ・湿気/カビ/防虫対策 項目で分けてしまえばこの程度ですが、 (すでに多いと感じている方もいるかもしれません) 仕事が終わってからこのすべてをこなす、 もしくは仕事に行く前にこなすというのはかなりの負担ですよね! 法律的にも 『男性が仕事、女性が家事』という概念はなく むしろ共働きであれば家事を夫婦が平等にする権利があるのです! 新婚さんの場合は、 『旦那さんを喜ばせてあげたい!』という一心で 無理してすべてをこなそうとがんばる女性もいますが、 やはりどこかで疲労が出て 『もう無理』 『わたしにはできない』 と感じてしまうケースも多いんですよ。 気負いせず、 自分ができる範囲、もしくは得意な家事を率先して 苦手な家事や手が回らないものは夫に手伝ってもらうのがベストだと思います。 家事の負担を減らす解決策! そうは言っても、

まとめ

共働きでもうまくいっている夫婦もあれば
家事や育児の分担に追われてしまっている夫婦もあるのは当然です。

ですがやはり大事なのはお互いの思いやりではないでしょうか??

「自分はここまでがんばっているのに!」
と思いたい気持ちもわかりますが、そこは一息飲んで、
「相手はここまでしてくれている」
という考え方に切り替えると
これまでと違った夫婦の関係性になれる気がします。

『離婚』と踏み切る前に、
まずはお互いがお互いを見つめる時間を取ってみてくださいね^^