夏のイベント

アームカバーって意味ある?付けるとおばさんくさい?

夏の紫外線対策として便利なのが、アームカバー。
外を歩いていると、見かけることも多いですよね。

将来のシミ対策にも効果的だと言われていますが、
アームカバーをつけることに対してはいろいろな意見があるようで…

今回は、そんなアームカバーについて、
がどう世の人の意見をまとめました!

スポンサーリンク

アームカバーを付ける意味って?長袖を着れば良くない?

季節感のある服装がしたいけれど、日焼けはしたくない。
そんなときに活躍するのがアームカバーですよね。

車の運転中や、買い出しに行く途中に日焼け防止のために便利なアイテムです。

特に運転中は右手の方が良く焼けるので、つけてる人も多いのではないでしょうか。

 

いまはUVカットのシャツも売られているのだから、
長袖を着ればいいじゃない!という声もありますが、

アームカバーをいつも利用しているのには、

・室内では半袖で過ごしたい

・運転中だけつけたい

・季節感のある服を着たい

・出先で冷房が効いているとは限らないから長袖は着たくない

というような理由があります。

 

ちょっとした買い物に行くだけの時にわざわざ日焼け止めを塗るよりも、
さっとアームカバーをつけて出かけた方が便利ですよね。

スポンサーリンク

アームカバーはおばさんくさい?

日焼け対策としては便利なアームカバー、
ちょっと前までは、庭仕事や炊事で使っているイメージでしたよね。

最近ではかわいい色やデザインのものも増えました。

ただし、周りの人の中には

「みっともない」

「おばさんくさい」

と思っている人がいるのも確か。

ネット上にも付けない派の人がたくさんいました。

 

他にも、「ファッションの邪魔になる」という理由でつけていない人もいました。

アームカバーに否定的な人の中には男性もいますので、
デートのときは避けた方が良さそうですね。

デートの待ち合わせの時に彼女が日傘にアームカバーに、日焼け対策ばっちりで登場したら、彼をびっくりさせてしまいます。

それに、日焼けのことばかり気にしていたら、思いっきりデートを楽しめなくなりますよね。

 

とはいえシミやそばかすは、10年後に出てくるという話もあります。

日焼け止めが肌に合わない人もいるでしょうし、
日焼け止めは1日に何回も塗り直しが必要になりますからね。

アームカバーの方が簡単に対策ができます。

 

最終的には人それぞれというところで落ち着きますが、
日焼け対策は悪い事ではいし、
していた人としていなかった人とでは10年後の肌の状態は違ってくると思います。

まとめ

以上、アームカバーがおばさんくさいといわれてしまうことについて考えてみました。

日焼け対策には人それぞれのやり方がありますね。

夏の暑い時に長袖を着ているのも、暑苦しく見えて嫌という人もいますし、
それぞれメリット・デメリットがあると思います。

それぞれのやり方で日焼け対策をしていけばいいと思いますよ♪

何はともあれ、将来綺麗な肌でいるためにも日焼け対策はしておきたいですね(*^^*)