未分類

鹿児島の大崎海岸で潮干狩り!駐車場やベストな時間帯は?

鹿児島の潮干狩りスポットとして
薩摩半島にある『入来浜』をご紹介しましたが、
大隅半島には『大崎海岸』があります。

こちらも潮干狩りがとっても人気なスポットです。

また近くにキャンプ場や温泉もあるので
潮干狩りをした後に温泉で癒されたり、キャンプを楽しむこともできます^^

今回はこの『大崎海岸』の潮干狩り情報を集めてみました☆

スポンサーリンク

大崎海岸で潮干狩り、オススメの時間帯は?

『入来浜』で採れる貝はアサリやナミノコ貝ですが、
『大崎海岸』では自然に生息し繁殖しているものが採れるので
その時期や潮の引き具合によって様々なところがおもしろいところです^^

中にはカニやヒトデを採った!という人もいるんですよ♪

 

大崎海岸で潮干狩りをする際は、
春から夏にかけてのシーズンが絶好です!

また干潮時刻の前後1時間が最も多く採ることができるようです。

干潮時は潮干狩りカレンダーで確認できるので
事前にチェックしておくといいでしょう^^

 

普段はそこまで人が多くはないのですが、
やはりシーズン中の土日やゴールデンウィークは多くの人が潮干狩りを楽しみます。

ただ駐車場は無料なのが嬉しいところ♪

思う存分、潮干狩りを楽しめますね^^

 

↓↓潮干狩りカレンダー↓↓

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN10/marin/shiohigari/PDF/KAGOSHIMA_E.pdf

 

ただし離岸流があるので
小さいお子様と行かれる時は絶対に目を離さないように注意してくださいね!

 

所 在 地 :鹿児島県曽於郡大崎町益丸

利 用 料 :無料

レンタル用品:なし

駐 車 場 :無料

連 絡 先 :099-476-0356 (大崎町役場企画調整課商工観光係)

スポンサーリンク

大崎海岸で潮干狩りをした人の声!

大崎海岸で潮干狩りをした人の声を集めてみました!

またここはわたしも潮干狩りの経験があるので
ちょこっと感想もお話できたらと思っています(*^^*)

 

貝を採るポイントとしては、
砂が少しこんもりとしていて穴がふたつポツポツと空いているところに貝がいると言いますよね!

またアサリは固まって生息する習性があるので
一個見つかれば大量にいる可能性も・・・!!

実際に潮干狩りをした人に聞いてみると
バケツ一杯に採れたという方や
手のひらに2つしか乗らないほど大きな貝(ハマグリでしょうか?)まで採れたという方もいらっしゃいました!^^

中にはカニやヒトデも採れる場合があるらしく、
その時期にによって生息している生き物の種類が変わるので楽しめそうですよね♪

 

実際にわたしが行ったときなんですが、
実はその日はあいにくの天候で吹きさらし・・・

あまり潮干狩りをするようなお天気ではありませんでした(^^;)

ですが、1時間ほど掘ってなんとか1個アサリを採ることはできましたが、
それ以外はまったくでした。

やはり、お天気も良くて干潮時が狙い目ですね(笑)

近くには温泉施設やキャンプ場もあるので
ご家族で一日中楽しむこともできるので本当にオススメですよ♪

同じく鹿児島の入来浜も潮干狩りスポットとして有名ですよ^^

まとめ

今回は『大崎海岸』の潮干狩り情報についてご紹介しました^^

どの海岸でもやはりポイントとなるのは『干潮時』。

その地域のHPなどでも干潮時を確認できるので、
事前にチェックしてから行くと大量ゲットできるかも・・・??(*^^*)

ぜひ行かれてみてくださいね♪

潮干狩りで採れた貝、食べられない貝ってあるの? | みんなの知恵袋
潮干狩りで採れた貝は主婦からするとお得に大量ゲットできて大助かり♪ 今晩のメニューにするからパパがんばって~!なんて言ってみたり(*^^*) 貝はお味噌汁にしたり酒蒸しにしたりして食べるとおいしいですからね♪ でもやはり素人が採ったものなので すべてが食べられる貝というわけではありません。 中には注意しなければいけない貝もあるので 潮干狩りをする際はこういったことも頭に入れておく必要があります。 今回は潮干狩りで採れた貝で食べられない貝についてご紹介します。 潮干狩りで良く採れる貝 潮干狩り初心者も経験者もまずは 潮干狩りでよく取れる貝を知っておくといいと思います。 「あ~この貝見たことある!」とわかれば少しは安心ですもんね^^ ◆アサリ それぞれ模様が異なるので 一概にアサリの柄はコレ!ということは出来ないようです。 ◆シオフキ 出典: アサリと比べると全体的に模様が薄く白っぽい。 丸でも三角でもない絶妙な形が特徴です。 ◆カガミガイ 出典: 全体的にふっくらとしていて、 頭の部分がS字になっているのが特徴です。 ◆サルボウガイ 出典: 貝殻は大きめで白と黒の模様が特徴です。 ◆バカガイ 出典: 貝は大きめで茶色っぽい色をしている。 死んだ状態が舌を出してバカみたいだから名づけられたそうです。 ◆マテガイ 細長い外見をしている。 巣穴に塩を入れて飛び出してきたところを捕まえる。 ◆ハマグリ 大きいアサリのような外見です。 以上がよく採れる貝です。 外見が似ているものもあるので それぞれの特徴をなんとなくでも覚えておくと良さそうですね♪ 潮干狩りで採れる貝で食べてはいけない貝ってある? 潮干狩りでは『アサリ』や『ハマグリ』など わたし達の食卓にでも出てくるような貝から 初めて見るような貝まで様々です。 採ったはいいけど、 『これは食べられるのかな・・・?』と思ったことはありませんか?? 次項では、食べられない貝について調べてみました! 実は潮干狩りで採れる貝はほとんどが食べられる貝で、 食べられないというよりかは 『下処理が面倒』
あさりの砂抜き、開かないのは死んでる?食べられる? | みんなの知恵袋
あさりってお出汁が美味しいですよね〜。 あさりの味噌汁、あさりの酒蒸し、ボンゴレビアンコなどなど、どれも美味しそうです。 そんなあさりですが、意外とめんどうくさいのが砂抜きです。 スーパーで売っているあさりは、砂抜きされているものがほとんどですが、それでも砂がジャリジャリして気分が悪いです。 そこで、おすすめの砂抜き方法をご紹介しますね。 アサリの正しい砂抜きの方法 材料 あさり300g程度 水300ml 塩小さじ2弱ほど 手順 1.あさりが重ならないように、バットにあさりを広げて塩と水を入れてよく溶かします。 このときに、できれば水は汲んでから室内に何時間か置いておいてカルキを抜いておくのが理想です。 2.この時、あさりの頭が少し出るくらい、ひたひたになるように水と塩の量を調整しましょう。 3.あさりは冷暗所で保存するのがよく塩を吐き出します。 いつも私は、新聞紙を上にかぶせてからラップをして、 春夏は冷蔵庫で、秋や冬で室温が低いときには部屋で保存しています。 この新聞は、光を暗くするのですが、 あさりが塩水を勢いよく吐き出したときに、飛び散ってしまうことを防ぐためにもなります。 4.あさりを砂抜きする時間は2時間〜一晩です。 スーパーで買ったものなら、砂抜きは適度に行われているので最低でも2〜3時間は砂抜きをしましょう。 潮干狩りで取ってきたものなら、一晩は塩水につけておきましょう。 砂抜きして開かないアサリは死んでる? アサリは死んでいるのか? アサリは死んでいるのかどうかですが、生きています。 アサリが死んでから時間が経つと、口が半開きの状態になります。 これは死んでしまったら力が抜けるのと同じで、 貝柱を閉じようとするエネルギーがなくなり、伸び切ってしまったため開いてしまうんです。 そのため、閉じているのは、中で生きているんです。 なぜ開かないのか なぜ開かないのかというと、それはびっくりしてしまったからです。 あさりは臆病でとってもびびりなんです笑 そのため、明るいところにずっと出されると、びっくりしてしまうので、 新聞紙で光を遮って、暗いところで保管しておくことが大事なんですよ。 加熱しても開かないのは開いて食べてもいいのか