春のイベント

お花見の防寒対策!夜桜を心地よく見るコツをご紹介!

『お花見』と言えば昼間のイメージですが、
夜に桜をライトアップして楽しむ『夜桜のお花見』もオツなものですよね^^

昼間とは打って変わって、
幻想的で上品な桜の美しさを堪能できます♪

ただ暦的には春と言ってもまだまだ冬の寒さが残る時期。

夜となればそれなりに寒さもあるので
防寒対策は必須です!!

夜桜を見に行ったせいで風邪を引きました・・・なんて恥ずかしいことにならないように、
しっかりとした防寒対策をしてから行きましょう☆

今回はお花見の防寒対策についてご紹介しますね!^^

スポンサーリンク

お花見の防寒対策はどの程度すれば良い?

日本の3,4月の平均気温は、

3月:最高気温9.4度/最低気温5.6度

4月:最高気温14.6度/最低気温10.7度

です。

昼間は10度近くあった気温も夜にはグンと冷え込みます。

「もう春だから( ^^*)」と思っていても
想像以上に寒くて早く帰宅するはめになっては
せっかくのお花見も台無しですよね><

そんな夜桜を見に行く時の防寒対策はどの程度すればいいのでしょうか?

 

お花見はジッと座って見る場合が多いので 体を動かさない分、体感温度はかなり下がります。

よって、通常よりも厚着をすることをオススメします!

 

◆インナー ・ヒートテック ・厚手の靴下 ・腹巻 ・レギンス

 

◆パンツ ・裏起毛のパンツ

◆トップ巣 ・ニット ・タートルネック

◆小物 ・マフラー ・手袋 ・帽子 ・耳あて

 

◆アウター ・ダウンジャケット

こんなに厚着をするの?!とビックリされた方もいるかもしれませんが、
これだけ着てもまだ寒いと感じるかもしれません!
それぐらい夜のお花見って寒いんです!!(^^;)

最低限しか着ていかないといざ寒くなった時にどうしようもないですが、
厚着をしていけば万が一暑くなっても脱いで調節することができますからね!

特に女性はファッション重視の方もいると思いますが、
ここはオシャレよりも『暖』を取りましょう!!

スポンサーリンク

持って行って便利!お役立ちアイテム!

洋服をたくさん重ね着して厚着するだけでなく
他にも寒さをしのぐためのお役立ちアイテムがあります♪

昼間のお花見の時でも活躍するので
お花見に行くという方はこちらもぜひチェックしてみてくださいね!^^

◆ブランケット

小さめのものでも何枚かあると便利です。
ひざにかけたり、腰に巻いたり、お尻に敷いたりと活躍の場が広いです。

◆座布団

ブルーシートに座ると地面の温度が直に伝わり寒いので 座布団があるといいですね^^
できれば厚めのものだと尚いいです!

100均にもありますし、荷物が気になるという場合は レジャー用の折り畳みタイプが便利です!

◆マスク

風邪対策にもなりますが、 マスクの有無でだいぶ温かさが変わりますよ!^^

◆ホッカイロ

これは絶対必需品!
小さくて持ち運びも楽なので、数枚持っているといいですね!☆

まとめ

夜桜のお花見は想像以上に寒いので しっかりとした防寒対策をしていくのをオススメします!
せっかく行っても寒さに耐えられずに早く帰ることになっては台無しですからね><

服装やお役立ちアイテムを参考にしていただいて
風邪を引かない程度に楽しいお花見にしてくださいね☆