未分類

ケールの保存方法は?正しい冷凍の仕方は?

青汁にも使われていて、他の緑黄色野菜と比べても栄養価が高いケール。

ケールはキャベツの仲間ですが、キャベツのように丸くならないところが特徴です。

 

今回は、そんなケールの保存方法や冷凍ケールの美味しい食べ方についてご紹介していきます(*^^*)

スポンサーリンク

ケールの正しい保存方法・冷凍方法は?

葉物野菜は乾燥に弱い物が多いですが、ケールもまた、乾燥に弱いです。

また、常温での保存は避けましょう。

 

湿らせたキッチンペーパーを挟んで、
さらにそれをビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。

あまり日持ちしないので、3日以内に食べきった方が良いです。

 

ケールはとにかく、乾燥させないことが大事みたいです。

冷凍保存であれば、長期間の保存ができそうですが、ケールの場合は青汁用としてのみ冷凍保存が可能です。

 

そのまま冷凍すると、栄養がかなり損なわれてしまうみたいです。

なので、ジュースにしてからの冷凍保存になります。

ジッパー付きの袋を用意して、作ったジュースを入れて、なるべく空気を抜いて密閉して、即冷凍庫へ!

 

生の野菜ジュースは、作った時から栄養が壊れていくそうです。

平たくして冷凍すると、割って使えるので、便利ですよ♪

 

冷凍ケールのジュースを使うときには、自然解凍で溶かすのが一番栄養が壊れないそうです。

牛乳で溶かして飲む、というコメントも見かけました(*^^*)

スポンサーリンク

冷凍したケールはこう使おう!ケールの美味しい食べ方

ここでは、冷凍したケールの美味しい食べ方についてご紹介していきます(*^^*)

冷凍ケールのスムージー

好きな果物やヨーグルト、牛乳を加えてスムージーに♪

スムージーにおすすめの果物は、

  • バナナ
  • いちご
  • パイナップル
  • マンゴー
  • ブルーベリー
  • キウイ

などなど♪

柑橘系の果物は、ミキサーにかけても皮が残ります。

それが気にならないのであればおすすめします^^

 

ケールには、独特な苦味がありますが、
果物の甘みやヨーグルトの酸味が加われば、かなり飲みやすくなるはずです(*^^*)

そのままでは食べられなかったお子さんも、スムージーなら飲んでくれるかもしれないです♪

冷凍ケールのポタージュ

ポタージュにすれば、一度にたくさんのケールを食べることができます^^

材料(4人分)

  • 冷凍ケール…一束分
  • じゃがいも…中2個
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 牛乳…400ml
  • 水…400ml
  • 固形コンソメ…2個
  • バター…大さじ2杯分
  • 塩コショウ…少々

作り方

  1. 冷凍ケールを冷凍庫からだし、自然解凍します。
  2. 自然解凍しつつ、他の野菜を切っていきます。
    小さめに切ると早く火が通ります。
  3. バターと切った野菜を鍋で炒めていきます。
    水を加え、じゃがいもが柔らかくなるまで煮込みます。
    火が通ったら粗熱がとれるまで置いておきます。
  4. 熱が冷めたら、鍋の具をミキサーにかけ、鍋に戻します。
    鍋に牛乳と冷凍ケールを加え、沸騰したらコンソメを加えます。
  5. 最後に塩コショウで味を整えて、完成です♪

出来上がりに生クリームを少量一周させるとおしゃれです(*^^*)

まとめ

以上、ケールの保存方法や冷凍ケールのレシピをご紹介しました。

スムージーやポタージュにすると、苦味も気にならず美味しく食べられると思います(*^^*)

是非、試してみてくださいね!