鹿児島県

デートにオススメ!桜島フェリーのよりみちクルーズの魅力

前回、鹿児島の代名詞『桜島』について書かせていただきましたが、
今回はフェリーで行く『桜島』の魅力について書きたいと思います^^

フェリーなんてなかなか乗る機会もないので
地元民のわたしでも乗るとなるとワクワクするものです(*^^*)

なかでも『よりみちクルーズ』
桜島と錦江湾を約50分で楽しめるという観光客に大人気のコースです♪

 

今回はこの『よりみちクルーズ』について詳しくご紹介します☆

スポンサーリンク

桜島フェリーのよりみちクルーズとは?

『よりみちクルーズ』は平成23年にスタートし、
前述したように桜島と錦江湾をサクッと回れるプチクルーズのようなものです。

地元民もたまに利用する方もいますが、観光客や外国の方にも人気のあるコースです^^

 

普段の定期航路とは異なるコースでより鹿児島の魅力を知ってもらおうという趣旨です^^

神瀬や沖小島、条件が良ければ桜島のほかに霧島や開門岳を望むことができます。

 

また運がよければイルカに出会えることもあるんですよ♪

 

↓海から見る市街地↓

↓神瀬灯標↓

↓大正溶岩原沖↓

出典:http://www.city.kagoshima.lg.jp/

紹介動画

運行は毎日1便で鹿児島港を11:05に出発し、50分間の周遊を楽しむことができます。

料金は大人500円、子供250円。

観光ガイドも乗船しているので
鹿児島がはじめてだという方にも気軽に楽しんでいただけますよ(*^^*)

 

実際にクルーズを楽しんで方の中には、「桜島の威厳を感じた」「歴史を間近で感じられた」
「鹿児島の魅力を再発見できた」「アナウンスやガイドがあるのでわかりやすい」「季節問わず楽しめる」などの意見がありました( ^0^*)

スポンサーリンク

普通のフェリーとは何が違うの?

『よりみちクルーズ』は鹿児島の魅力を感じるために考案されたルートを走るため定期航路とは若干異なります。

では具体的にはどのように違うのでしょうか?

 

わかりやすい画像があったので載せておきます♪

出典:http://www.city.kagoshima.lg.jp/

定期航路は鹿児島港と桜島港を結ぶだけなので
特に寄るところもなく、航路時間もおよそ15分です。

ですが『よりみちクルーズ』の場合は鹿児島港→神瀬→大正溶岩原沖→桜島港となり
定期航路と比べるとコースがだいぶ違いますよね^^

 

参考までに、夏には納涼観光船が運行されるのですが、
このコースは『よりみちクルーズ』よりはるかに長く2時間のコースとなっています。

また料金は大人1,000円、子供500円です。

 

そう考えると、50分でサクッと鹿児島を回れる『よりみちクルーズ』は
航路時間も乗船料もお手頃ですよね♪

まとめ

フェリーで桜島へ渡るのは簡単ですが、海上からも鹿児島の絶景を楽しんでみませんか??^^

『よりみちクルーズ』は定期船同様、車を載せることも可能なので
観光がてら、ちょっとしたドライブがてらに海のコースも楽しんでいただけたらと思います♪

 

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね☆

地元民が教える桜島観光のおすすめモデルコース! | みんなの知恵袋
鹿児島と言えば『桜島』ですが、 実際に行かれたことにある方はどのぐらいいるでしょうか?? 県外の方だと、『桜島に行けるの?』と思われる方も多いと思います。 『桜島』は活火山ですが、 遠くから眺めるだけではなく実際に近くまで行って楽しめる観光スポットなんですよ( ^0^*) 今回は『桜島』の観光スポットやおすすめのモデルコースをご紹介します♪ 桜島の観光、車だとどのくらい時間がかかる?フェリーは? 『桜島』は大きな噴火もありますが、 実は小さな噴火は1日に何百回も起きている活火山です。 そのたびに火山灰が降り、 風向きによっては火山灰の被害を受ける地域もあるため 鹿児島の天気予報では火山灰の降る方角予報もあるぐらいなんです(^^;) ですが『桜島』は見る方角によっても表情が異なるため、 地元民にも愛されている活火山でもあります(^^*) そんな『桜島』は遠くから眺めるだけではなく、実際に近くまで行くことが可能です! 行き方としては車で行く方法とフェリーで渡る方法があります。 車の場合は大隅半島をぐるっと回る形になるので 霧島や大隅地方から行く場合にオススメです。 鹿児島空港から行くと想定すると、 高速利用でおよそ80分、一般道利用でおよそ95分です。 出展: フェリーの場合は鹿児島市内や指宿方面から行く場合にオススメです。 市内からだとフェリー乗り場までおよそ20分、フェリーで桜島へ渡るのにはおよそ15分です。 フェリーは毎時15分後とに出ており、 車も載せられるので桜島を車で観光したい場合にもオススメです☆ 乗船料や車両運賃は以下です。 もちろん、大隅半島からもフェリーで渡ることができこの場合は垂水港から乗船することになります^^ 運賃もほとんど一緒なので 大隅エリアから桜島へ行く場合でも利用することができますよ♪ 桜島観光のオススメモデルコース! では『桜島』の見所をご紹介します^^ 『桜島は「桜島」しか見るところはないんじゃないの?』 そう思っている方も多いかもしれませんが、それ以外にもたくさん見所があるんですよ☆ 湯之平展望所 出展: