冬のイベント

神社への参拝方法雨の日編!ご利益は?天気が悪くても大丈夫!

天気が悪いと、中々出かけたくないですよね~。

だって、天気が悪いときって
何だか気分も乗りませんし、外出するのも億劫になってしまいます。

何となく良くない感じもしますよね。

晴れのときに比べたら、外出する人も少なくて、街には人がそこまでいないようにも感じます。

 

また、神社に行くときに雨が降っていたら、避けたくなりますよね。

縁起が悪いんじゃないかって。ご利益がなくなるんじゃ?なんて。

でも、そんなことはないんですよ!
雨の日でも大丈夫!
その理由をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

神社に行く日が雨の日だった場合のご利益は?

ご利益は晴れの日以上!

神社で雨が降ったら「禊(みそぎ)の雨と呼ばれ、悪いものを清めると考えられています。

なので、雨が降ったとしても、それは悪いものを追い払ってくれて、
むしろ良いんですよ!

 

一番良いと言われているのが、さっきまで晴れていたのに
神社で参拝していたら突然雨が降ってきて、
その後、参拝が終わると雨がやんだ。
と言うお天気の状態です。

これはその神社の神様が
「あなたと自分とはとても相性が良いので歓迎する」
といったサインを出してくれたと考えられます。

 

また、自分の直感に従うのも良いですよ。

「雨の日だけど、今日お参りに行きたい!」と不思議と感じる…という時は、
神様に呼ばれているとも考えられます。

また、「最近嫌な事が重なっていて、一刻も早く浄化に行きたい。」という時は、
雨でも行った方が良いでしょう^^

 

逆に「何となく今日は気分が乗らない…。」という時は、無理していく必要はありません。

この「何となく」というのが神様からの気を感じ取っているかもしれませんからね。

スポンサーリンク

神社に行く日が雨の日だった場合に気をつけること

午前中に行く

神社に行くのには理想的な時間帯があります。

それは午前中です。

朝の6時から、お昼の12時くらいまでです。

 

なぜこの時間がいいのかというと、風水が関係しています。


1
日を四季に置き換えてみましょう。

 

すると、朝の6時~12時は夏に当たって、活動するべき時間だと考えられています。

丑三つ時には行かない

日本は夕暮れになると、魔物の時間帯となります。

 

魔物の時間帯は、4つに分けられます。

 

1時~130分・・・丑一つ時

130分~2時・・・丑二つ時

2時~230分・・・丑三つ時

230分~3時・・・丑四つ時

 

草木も眠る丑三つ時と怪談話でも言いますよね。

 

また、十二支は方角を表すともいわれています。

丑のある方位というのは北東になります。

そのため、鬼門(きもん)になります。

 

鬼門とは中々聞き慣れないですが、そのままで、鬼が出入りする門。

この時間になると鬼門が開き、
鬼たちが大暴れしはじめる時間帯になります。

鬼たちが暴れってだけで怖いですが、
神様が不在になる時間帯とも言われています。

だから、鬼はやってくるんですね~。
なので、丑三つときには、参拝に行かないようにしましょう。

行ったとしても、
それは神様に会いに行っているのではなく、
鬼に会いに行くことになってしまいます。

足元には十分気を付ける

雨の日の参拝と言う事は、足元が悪い事が考えられます。

石段は滑りやすくなりますし、山の上にある神社でしたら坂道で転倒なんて事になったら一大事です!

ご自身の健康状態とも相談しながら、参拝に行くかどうかを決めて下さいね^^

まとめ

雨の日に神社に参拝に行くのは、逆に良いんですね!

雨って晴れに比べたら、やっぱり負のイメージが強いですし、
良くないのかななんて思ってしまいますが、清められるなんて!

雨の日こそ行くべきですよね。

 

さらに、雨の日に行くと、
悪いものをはらってくれる以外にも、
空いていて行きやすいというメリットもあります!

雨の日の参拝いいですね。
ただ、時間帯には注意してくださいね。

午前中に行くことをおすすめします。
また、あまりないとは思いますが、
丑三つ時には行かないようにしましょうね。

くれぐれも足元にはお気を付けくださいね!

 

神社への参拝でご利益あった体験談!ネットで評判パワースポット! | みんなの知恵袋
大事な商談の前や受験など、神社へお参りしにいって、力を借りている、という人も多いのではないでしょうか^^ パワースポット巡りが流行ったのも記憶に新しいです。 今回は、全国でご利益があった神社を、体験談と一緒にご紹介していきます。 全国でご利益があると評判の神社と体験談 ●晴明神社/京都府 「特に変わったことはないけれど、落ち込みやすい性格が、お参りすることで安心感が得られた。また行きたい。」 ●日光東照宮/栃木県 「以前行ったときに良いことがあった東照宮。無料バス旅行が当たって、行き先が東照寺だったので、思い切って参加した。その後、主人の職場異動があり、仕事のストレスや帰宅時間が早くなった。おかげで自分の気持ちも楽になった。 エジプト旅行で行ったピラミッドでは特に変化もなかったので、私にとって東照宮が特別な場所なのだと思う。」 ●水子神社 「流産をした子供の供養のために参拝し、「またいつか戻ってきてね」と願うと、自分が供えた風車だけがクルクルと回り、願いが届いたような気がした。2か月後、妊娠がわかった。」 ●東京大神宮/東京都 「お参りしてすぐに彼氏ができた。次の年、またお参りに行くと、彼からプロポーズをされた。かなりご利益があると思う。」 ●氷川神社/埼玉県 「良縁に恵まれると聞き、”縁結び玉”をもらいに行った。それまで一度も彼氏ができなかった私が、半年後に主人と出会い、しばらくして結婚した。縁結び玉はいまでも大切に持っている。」 ●伏見稲荷神社/京都 「悲しいことやつらいことがあった時に行く。行くと悩みが軽くなり、楽しいことが増える。」 有名なパワースポット以外でも、こんな体験談もありました!! ●地元の氏神様 「結婚して7年子どもができず。初めて家の近所の氏神様に行き「いつもお守りいただきありがとうございます。」とお参りをした。次の月、妊娠がわかった。」 参拝の時に気を付ける事!時間帯・お賽銭はどうする? ●時間帯 参拝する時間帯は、人が少なく雑念も少ない、午前中が良いとされています。 午前中が難しい場合は、太陽が出ている間に行きましょう。 特に18時~19時は、「逢魔が時」といって、妖怪や魔物が出てくる時間帯と言われています。 ●服装 服装は派手なものは控えて、落ち着いた服を選びましょう。 上司と出かけるときのような感じをイメージするといいです^^