未分類

どうしよう!テーピングでかぶれてしまった所が水ぶくれに…対処法は?

テーピングってサポートするには、とってもいいアイテムですよね。

でも、それでかぶれてしまうこともあります・・。

 

対処法はないのでしょうか。

ご紹介していきますね。

スポンサーリンク

テーピングのかぶれの対処法は?

原因

テープでかぶれてしまう原因というのは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、刺激
2つ目は、アレルギー
などです。

① 刺激

刺激でかぶれてしまうのは、テープを皮膚からはがすときに、
皮膚の一部分がテープと一緒にはがれたりしまうのが原因です。

さらに、テーピングを貼る時に皮膚を引張ってしまうと、
皮膚が伸ばされた状態になってしまうから、炎症を起こしてしまうということもあります。

 

また、何回も張ったりはがしたりを繰り返している場合にも、それが刺激になってしまってかぶれてしまうことがあります。

② アレルギー

アレルギーでかぶれてしまう場合もあります。

テープには、あらかじめ清潔に保つための消毒剤や粘着剤が含まれています。

 

この成分は人体に問題はないのですが、まれにアレルギーを持っている方は反応してしまうことがあり、
その結果皮膚に湿疹ができたり、赤くなってしまってかぶれてしまうことがあります。

対処法

やっぱり病院に行かなきゃだめかな?と思いますよね。

病院に行った方が良いのかもしれませんが、中々行けない人へはある対処法があります。

ただ、こちらの方法は自己責任で行ってください。

 

方法は、市販薬を使うことです。

ステロイド剤が入っている軟膏を、薬局で手に入れましょう。

 

これで、対処することができます。

このときに、かぶれている場所が乾燥してしまうのなら、
ガーゼで覆って乾燥を防ぎましょう。

 

また、2~3日は薬を塗り続けると治りやすくなります。

ただ、中々治らない場合やひどくなる場合には他の可能性もあります。

 

その場合には、なるべく早めに皮膚科で診てもらいましょう。

スポンサーリンク

テーピングでかぶれないようにする方法は

かぶれないようにするには

かぶれないようにするには、
3M キャビロン 非アルコール性皮膜スプレーというスプレーが良いですよ。

方法は、テーピングを貼る場所にスプレーをしゅっとかけるだけ!

その後は、自然に肌に馴染んでいきます。

 

さらに、テーピングするための粘着力は変わらないので良いですよ。

かぶれを少なくする貼り方はがし方

やっぱりどうしてもテーピングしなきゃいけない場合がありますよね。

ただ、負担の少ない貼り方ははがし方をすると良いと思います。

貼るときには、ガーゼのでテープを伸ばさないようにして静かに優しく貼りましょう。

 

また、端から貼るとどうしても伸ばしてしまうので、中央から貼るようにしましょう。

はがし方は、皮膚を押さえながら、慎重にゆっくりはがします。

勢いよくべりっとはがしてしまうと、皮膚が持ち上がってしまって負担がかかります。

 

慎重に慎重にゆっくりとはがすことを心がけてくださいね。

まとめ

テーピングは怪我している個所を保護する役割がありますが、それでかぶれてしまっていては、元も子もないですよね。

そのため、スプレーを使ったり、はがすときや貼る時に慎重にするようにしましょうね!