未分類

セスキ炭酸ソーダが壁のカビに効く?ポツポツ黒カビを撃退!

一度着くとなかなか綺麗になりにくい黒カビ汚れ。

カビ掃除にはカビキラーが効くそうだけれど、お家で飼っているペットが心配…なんて人や、
できるだけ環境に優しい物を使いたい、という人。

 

そんな人は、セスキ炭酸ソーダをおすすめします(*^^*)

今回は、セスキ炭酸ソーダやカビ予防法についてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダで壁のカビ掃除!

セスキ炭酸ソーダ、みなさんご存知ですか?

セスキ炭酸ソーダは、重曹と炭酸ソーダの間と言われているアルカリ性の洗浄剤です。

 

洗浄力が強いけれど、手荒れしにくいというのが嬉しいところです。

水に溶けやすく使いやすく、つけ置きとしておすすめです♪

環境にも良いことで知られていて、環境に負担をかけにくいと言われています。

 

そんなセスキ炭酸ソーダですが、どんな汚れを落とすのが得意なのでしょう?

セスキ炭酸ソーダは、皮脂や垢、台所のベタベタ汚れを落とすのが得意です。

カビ掃除で直接的な効果をもたらすわけではないものの、
カビの栄養となる皮脂や垢の汚れを分解する効果があるので、カビの予防として効果を発揮してくれます。

 

毎日のお風呂掃除のときにセスキ炭酸ソーダを水に溶かしたもので壁を洗うのを習慣にしたら、
カビが生えなくなった、というコメントを見つけました。

また、直接的な効果はないと言いましたが、
セスキ炭酸ソーダとお風呂用の洗剤を合わせて使っていてピカピカ!というコメントもありました。

スポンサーリンク

壁紙のカビを防ぐ方法

カビを防ぐ方法としてみなさんに試してみてもらいたいのが、

  • セスキ炭酸ソーダ
  • 消毒用エタノール

の2つです。

エタノールの掃除だけではカビの色まで落とすことはできないようですが、
殺菌効果があるのでカビを殺すことができるんだそうです。

エタノールはドラッグストアでも見かけるので簡単に手に入れることができると思います。

 

エタノールをスプレーで壁に吹きかけることでカビ予防になります。

セスキ炭酸ソーダは先ほどもご紹介したとおり、
カビの栄養となる皮脂や垢を落とす効果があり、予防として使えます。

セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、スプレーして掃除も可能ですね(*^^*)

 

他にもカビを生やさないために大事なのは、

  • 餌となる皮脂や垢、石けん粕を残さない。
  • 湿気をなくす。

の2つを意識するとだいぶ変わると思います。

 

また、カビ掃除をするときに布巾を使う場合には、使い捨てにした方が良いそうです。

同じ布巾を使ってしまうと、他の場所を拭くときに、
布巾に着いたカビを広げてしまうことになりかねない、というのが理由です。

まとめ

以上、セスキ炭酸ソーダやカビの予防法についてご紹介しました。

直接カビを落とす効果は持っていないけれど、
皮脂や垢を落としてカビ予防としての効果を発揮してくれることがわかりました。

セスキ炭酸ソーダと洗剤を組み合わせることで、
即効性はありませんが、続けているとだんだんとピカピカになるそうです。

 

みなさんも試してみてくださいね!