未分類

シンクの排水溝の掃除頻度はみんなこのぐらいのペース!

嫌な臭いとぬるっとした汚れ…

シンクの排水溝って、できれば掃除したくないなと思うのは私だけでしょうか…。

 

だけど放っておけばどんどん汚れは溜まっていくし、臭いも気になる。

「みんなどれくらいの頻度で掃除してるんだろう…」という人、いませんか?

 

今回は、そんなシンクの排水溝の掃除について、頻度や落とし方のご紹介をしていきます!

スポンサーリンク

シンクの排水溝、どのくらいの頻度で掃除するべき?

シンクの排水溝は、放っておくとすぐに汚れが目立ってきてしまう場所です。

できれば避けたい排水溝掃除、周りの人たちはどれくらいの頻度で掃除をしているでしょうか。

 

調べてみると、一番多いのは「週に3回」でした。

ゴミの日に合わせてネットを取り換えて掃除をする人が多いようで、週3回という人が多かったです。

 

次に多いのは「毎日」という人でした。

汚れやすい場所であることと、一度汚れがついてしまうと掃除が大変になるという理由から、こまめに掃除する人が多いようでした。

 

どれくらいの頻度で掃除をするべきか、ですが、毎日の掃除が可能であればそれが一番ではあります。

しかし、忙しい人も多いですし、どうしても苦手な人もいるでしょう。

最低限でいうならば、
冬では1週間に1回、夏は週に2~3回の頻度で掃除をするといいですよ(*^^*)

 

みなさんの言うように、ゴミの日に合わせて掃除する!と決めておくと良いかもしれませんね♪

スポンサーリンク

嫌な臭い、しつこい汚れサッと落とす掃除方法

では次に、シンクの排水溝の汚れの落とし方についてご紹介していきますね。

用意するもの

  • ゴム手袋
  • 歯ブラシ
  • 食器用洗剤
  • 重曹(粉末タイプ) 1カップ
  • 酢(クエン酸でも可) 4分の3カップ
  • お湯 1カップ

やり方

  1. ゴム手袋をして、排水溝のゴミ受けカゴを取り出します。
  2. ゴミ受けカゴは、食器用洗剤で洗っていきますが、この時歯ブラシを使うとうまく汚れを落とすことができます。
  3. 排水溝にたっぷりと重曹を振りかけます。
  4. 酢をかけます。
  5. 30分放置します。
  6. お湯をかけて、重曹と酢を流します。

重曹と酢(クエン酸)は、分量を見ると多くてびっくりするかもしれないですが、
少なすぎると思うような効果が出ないこともあるので、多めに入れた方がいいでしょう。

ちなみに放置し過ぎると、逆に汚れが固まってしまうこともあるそうなので、
放置する時間は30分を目安にしてくださいね。

 

いまでは本当に便利なものが増えて、ゴミ受けカゴに入れておくだけで
臭いやヌメリが出ないようになる商品も売られていたりするので、チェックしてみてくださいね。

まとめ

以上、シンクの排水溝の掃除の頻度や汚れの落とし方についてご紹介しました。

汚くて面倒に思える排水溝掃除ですが、
重曹や酢、お湯でキレイになるのであれば気が楽になりませんか?

重曹はドラッグストアや100均でも手に入れることができますよ♪

 

今回ご紹介した方法を、毎日のお掃除に取り入れてみてくださいね!