家事

マンションの結露によるカビ対策決定版!北側部屋の湿気対策は?

 

マンションの結露嫌ですよね~。

 

 

結露が増えると、
カビも生えやすくなってしまいますし、
朝起きて窓やサッシに水分が溜まっているのをみると、
嫌な気持ちになってしまいます。

 

 

そのための対策をいくつかご紹介していきますね。

 

 

簡単な方法なのでぜひ、参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

マンションの結露によるカビ対策はどうする?

 

 

換気をこまめに

換気はこまめにしましょう。

 

 

例え、普段はあまり使わない部屋であったとしても、
意識して定期的に換気するうにしましょう!

 

 

忘れてしまうこともあると思いますが、
休日や晴れた日なんかには
窓を開けるようにすると忘れにくいですよね。

 

 

また、このときには押入れやクローゼットの換気も行いましょう。

 

 

押入れやクローゼットは意外と湿気がこもりやすく、
ダニやカビが発生しやすくなりますので、
窓と一緒に押入れやクローゼットも開けましょうね。

 

 

窓は何箇所か開けましょう

窓は1箇所だけではなく、
2箇所以上は開けるようにしましょう。

 

 

1箇所だけだと、
中々家の中の空気が循環しません。

 

 

小さめの窓でも開けないよりは開けた方がいいです。

 

 

換気扇も回しましょう

換気扇が付いているご家庭なら、
換気扇を回しましょう。

 

 

また、窓が2箇所以上ないご家庭の場合は
換気扇を回すだけでも、
空気が循環しやすくなります。

 

 

また、換気扇を回していると
寒かったりうるさかったりするので、
外出中に換気扇を回しておくと、
寒くもないですし、
うるさくもないので良いですよ。

 

 

もし、部屋に換気扇が無いご家庭の場合は、
お風呂場やトイレの換気扇を回すだけでも、
しないよりは湿気や結露、カビの対策になりますよ。

 

 

スポンサーリンク

湿気が気になる北側部屋の湿気対策グッツ

 

 

断熱フィルム

窓ガラスの外側は外気に晒されていますよね。

 

 

でも、内側は冷たい。

 

 

これで温度差が生じて、
湿気や結露になってしまうんです。

 

 

そんな時に便利なアイテムが窓ガラスに貼る断熱フィルムなんです!

 

 

断熱フィルムは小さな空気のクッションが入っています。
プチプチでも代用できます。

 

 

家の中に侵入してくる結露や、
湿気が抑えられるのと共に、
断熱効果もアップするので、
暖房代金も抑えられますよ。

 

 

こちらは、1000円から売っていて、
スーパーの雑貨コーナー、ホームセンター、
ネット通販でも手軽に購入することができますよ。

 

 

吸水シート

吸水シートもいいですよ!

 

 

断熱フィルムもとっても良いんですが、
フィルムの繋ぎ目や、
サッシの部分にも結露や湿気が増えてしまいます。

 

 

その結露や湿気を吸い取るために、
結露吸水テープを貼り付けるとバッチリですよね。

 

 

こちらも、断熱フィルムと同じようなお値段で
同じような場所で購入することができますよ。

 

 

湿気吸い取り剤

湿気吸い取り剤を置いておくと、
空気中の湿気を吸い取ってくれます。

 

 

どのくらい湿気が溜まっているのか見えますし、
お値段もお手頃です。

 

 

最近では100円ショップでも手に入りますよ!

 

 

まとめ

 

湿気対策、簡単なので
普段忙しい主婦の方や会社員の方でも、
窓を開けたり換気扇を回したりできそうですよね。

 

 

また、それだけでは不十分だと感じた場合には、
窓にフィルムを貼るのもおすすめですよ。

 

 

特に、冬に貼ると部屋の温かい空気が逃げていかないので、
部屋の温度が2度くらいあがります!

 

 

暖房代節約になるので、
ぜひお試しくださいね。