引っ越し

ちょっと待って!敷金礼金ゼロの物件にはデメリットもある!

敷金礼金ゼロの物件って魅力的ですよね〜。
でも、ゼロってなんだかあやしい…。

ただほど高い物はない。
という言葉があるように、疑ってしまいますよね。

 

どんなデメリットがあるのかご紹介していきます。

スポンサーリンク

敷金礼金なしの物件によくあるトラブルとは?

敷金礼金とはなにか

敷金

敷金とはほとんどの場合払うものですが、
退去するときにはほとんどが返ってきます。

預けておくお金ってやつですね。

 

なぜ、預けておくのかというと、
家賃を滞納したときや部屋の何処かを壊してしまったときの費用にあてるためです。

だから、家賃も滞納していないし、
どこも壊していない場合には退去時にされる掃除にかかるお金以外は返ってきます。

礼金

礼金は大家さんや管理会社に「部屋を貸してくれてありがとう」と払うお礼のお金です。

お礼なので帰ってきません。

 

だから、できる限り払わないで済む物件を探す方が多いです。

敷金礼金の計算方法

仮に家賃が5万、敷金が2ヶ月、礼金が1ヶ月の物件があったとします。

敷金は5万×2ヶ月=10万
礼金は5万×1か月=5万

この場合は敷金礼金は15万支払う必要があります。

トラブル

退去時にお金を取られる

退去時に、修繕費や清掃代を請求されます。

そのときに、「そんなの聞いてないよ!」とトラブルになるんです。

大家さんな不動産会社の方の主張としては、
「それでも払ってもらいます」ですので、そうなったらお手上げです…。

スポンサーリンク

敷金礼金ゼロ物件のメリットとデメリットとは?

敷金礼金ゼロのメリット

初期費用が安く引っ越せる

敷金礼金は、最初に支払うものです。

上記でご紹介したように、家賃5万、敷金2ヶ月、礼金1ヶ月かかる場合
敷金と礼金だけで15万かかりますよね。

 

引っ越しっていうのは、それ以外にも家具家電、引越し業者費用、
家賃の前払いなどなどあるので全部合わせて50万以上超える場合もあります。

そんなにたくさん準備するのは大変なので、
敷金礼金がない方が初期費用を安く引っ越せます。

お得感がある

これは敷金だけのメリットになりますが、敷金はほとんどの場合、後で返ってきます。

なんだか、臨時収入が手に入ったほうな気がしてちょっと嬉しいんですよね。

お得感がありますし。

お金を無駄にしない

これは礼金だけのメリットになりますが、礼金は基本的に返ってきません。

できる限り払いたくないですよね。

なんだかお金を無駄にした気分になりますし…。

敷金礼金なしのデメリット

退去時にお金がかかる

退去時に、清掃代を請求されます。

新しい住宅で生活を始めるために、またお金が必要になるのに
退去時にもお金を払わなきゃいけないなんて、なんだか損した気持ちになります。

あまりいい物件じゃない

敷金礼金を設定していないってことは、ワケアリ物件で中々入居者が現れないため、
早く入居してほしいから敷金礼金なしにしている可能性もあります。

まとめ

敷金礼金がないのは、魅力的ですよね。

ただ、敷金がない物件というのは特に気をつけたほうがいいと思います。

 

後に、清掃代を支払うことになると思います。

すると。なんだか損した気分ですよね。

 

そこら辺はしっかりと不動産会社の方に相談してみましょう。