健康

脂肪燃焼スープで下痢や便秘?原因は何?

以前、脂肪燃焼スープの効果について書かせていただいたのですが、
脂肪燃焼スープを摂ることで『便秘』や『下痢』になってしまうという方もいるようです。

これは『脂肪燃焼スープ』の副作用とも言われていて
体質によっては『便秘』や『下痢』になってしまう方もいるのです。

 

今回は脂肪燃焼スープで『便秘』や『下痢』になってしまった場合の原因や対策についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

脂肪燃焼スープで下痢や便秘になる人もいる

『脂肪燃焼スープ』とは1週間続ければダイエット効果を得られるという画期的なスープで、
今や若い人たちをはじめ、脂肪を減らしたいと考えている方の間で、とても注目されているダイエット方法です^^

 

このスープには様々な効果のある野菜がメインとなるスープで、
体の中から毒素を出してくれるデトックス効果があります。

 

食物繊維が豊富な分、脂肪やタンパク質が不足しがちで
栄養面では偏りが起きやすくなります。

そのため、副作用として『便秘』や『下痢』の症状が出てしまう方がいるのです。

食物繊維を多く摂りすぎると『下痢』になりやすく、
食物繊維を摂っていても『便の塊』の元となる炭水化物などが少ないと『便秘』になりやすいと言われています。

 

これは同じメニューを摂っていても個人差があり、
1日目はお通じが来ても2日目以降は来なくて便秘になったとうケースもあります。

脂肪燃焼スープを摂る際は
ご自身の体に合ったバランスのいいメニューを摂ることが大切です。

スポンサーリンク

下痢や便秘がひどい時は中断するべき?対策は?

とは言え、『便秘』や『下痢』になってしまった場合は
どのような対策が必要なのでしょうか??

またダイエットは一時中断するべきなのでしょうか??

 

『便秘』や『下痢』の程度にもよりますが、
つらい場合は一度中断することをオススメします。

無理に脂肪燃焼スープを摂り続けても、体がついていかなければ意味がありませんし、
無理をしても効果は期待できません。

様子を見ながら続けるか中断するかを判断するようにしましょう。

 

また、食事の摂り方で症状を抑えることもできます。

下痢の場合は食物繊維を摂りすぎている可能性があるので
スープに入れる野菜を少なくしたり、一度に摂る量を減らすなどの工夫が必要です。

 

便秘の場合は炭水化物が足りていない可能性があるので、
ごはんや麺類なども積極的に摂るようにしましょう。

『ダイエットをするのに炭水化物を摂ってもいいの?』と思われるかもしれませんが、
脂肪燃焼スープでのダイエットは炭水化物を摂ってもいいんです!

しっかりとバランスのいい食事を摂り、
さらに脂肪燃焼スープを摂ることで体には必要な栄養素だけが吸収され、毒素だけが排出されるようになります。

 

『便秘』や『下痢』になってしまった場合はこういった対策で乗り切りましょう!^^

まとめ

脂肪燃焼スープは摂り続ければ効果は期待できますが、
栄養の偏りがある分、副作用が出てしまう方もいます。

その場合は無理をせず、
まずはご自身に合ったメニューを考えてみるのが良さそうです。

 

単に「痩せたい!」という思いだけではなかなかうまくいかないものです(^^;)

長い目で見て、少しずつでも脂肪が落ちればいい!というぐらいの気持ちで焦らず取り組んでいきましょうね!

脂肪燃焼スープの保存期間はどれくらい?作りすぎてしまった方へ | みんなの知恵袋
『脂肪燃焼スープ』の保存方法や保存期間はご存知ですか?? たくさん作ったはいいけど食べ切れなかった場合、 できれば長く保存して食べきりたいですよね! 作る手間も毎度作るよりも、 まとめてたくさん作ったほうがラクチンです♪ 今回は脂肪燃焼スープの保存方法や保存期間について調べてみました! 脂肪燃焼スープの保存期間 脂肪燃焼スープのダイエットは、基本毎食食べる必要があります。 そのためにはストックは必須!! 一般的な作り置きのおかずの保存期間は通常2~3日から長くて1週間ほどです。 脂肪燃焼スープの保存期間はどのぐらいだと思いますか? 脂肪燃焼スープの保存方法は 常温 冷蔵 冷凍 の3種類があります。 詳しい保存方法は次項で説明するとして まずはそれぞれの保存方法の保存期間をご説明します。 常温 夏場以外は3日間は火を通して繰り返しおいしく食べることができます。 ただ夏場は傷みやすいので その日のうちに食べきれない分は冷蔵または冷凍保存をすることをオススメします。 冷蔵 冷蔵での保存期間はおよそ1週間です。 ただし少しずつ風味が落ちていきますので 少しでも変だと思ったら思い切って破棄するようにしてくださいね。 冷凍 冷凍での保存期間はおよそ2~3週間です。 長期保存が可能と言っても なるべく早く食べきるようにしましょう。 とは言っても、コンスタントに消費していれば 1週間で食べきれると思います^^ スープの保存はジップロックがオススメ! では次に保存方法についてご紹介します。 一番簡単なのは鍋ごと冷蔵庫へ入れてしまうこと(^^;) 食べる時に鍋ごと加熱できるので 洗い物も減って助かりますよね! ですが鍋ごと保存となると 冷蔵庫の中にある程度のスペースがないとできません。 そんな時は小分け保存がオススメです! 冷蔵保存に便利なのが小分けのタッパーです。 できれば一食分が入るサイズで電子レンジ対応のものを使うと 冷蔵庫から取り出して温めればそのまま食卓に出して食べることができます^^ 何段か重ねて冷蔵庫に保存しておくといいでしょう。 ただしこれもある程度スペースを取られてしまうのが難点。 そこでオススメしたいのが『ジップロック』です!( ^0^*)
脂肪燃焼スープでリバウンドしない秘訣!コレを抑えておけばOK! | みんなの知恵袋
『脂肪燃焼スープ』は一週間きっちりと決められたメニューを摂り続ければ痩せられるというものですが、 思っているほど簡単ではないのが現実です。 実際に、一週間摂り続けても痩せなかった方やリバウンドしてしまったという方もいます。 脂肪燃焼スープを摂り続けた後にリバウンドしてしまうのは 何が原因なのでしょうか?? またリバウンドしてしまった時に役立つ『回復食』もご紹介します!^^ 脂肪燃焼スープダイエットでリバウンドする人の共通点 1週間かけてせっかく体重が落ちても、その後にリバウンドしてしまった・・・ 脂肪燃焼スープのダイエットの失敗談として、とても多いのがこの『リバウンド』です。 リバウンドしてしまったという人たちには何か共通点はあるのでしょうか?? 脂肪燃焼スープは栄養満点なのに低カロリーなのが売りで、 自宅でも簡単に作ることができます。 ただ低カロリーな分、味も淡白で飽きやすいのが特徴です。 その為1週間のダイエットが終わると 味のしっかりとついた高カロリーなものを体が欲してしまいます。 今まで食事の量を制限され、自身の体も食べることを無理やりストップさせられていたので その反動で高カロリーなものを多く摂取してしまい、結局リバウンドしてしまうという方が非常に多いです。 では、リバウンドしないためには ダイエット中にできる対策として何かないのでしょうか?? それは『無理な制限をかけずにバランスよく食べる』ということです。 脂肪燃焼スープダイエットをしている方は 「スープしか摂取してはいけない」と思っている方が多いと思いますが、これは間違いです。 脂肪燃焼スープの他に、 少しのおかずや炭水化物は摂取してもいいんです! これらを食べてはいけないと制限してしまうと体もストレスを感じ、 ダイエット後に反動が出やすくなってしまいます。 大切なのは『栄養バランス』です。 脂肪燃焼スープだけを摂ると頭痛や便秘、下痢などの副作用も出やすいので おかずや炭水化物も摂るように心がけてみてください♪ これだけでもダイエット後の食生活が変わりますよ(^0^)☆ 参考:脂肪燃焼スープで下痢や便秘?原因は何? 大切なのは回復食!