車のバッテリー上がりの原因は?原因不明の時はこう対処!

バッテリー上りは、車のトラブルの中で一番多いと言われています。

なんと、車の救急修理を行っている会社のJAFでは
バッテリー上がりで修理にかけつけた件数が年間80万件!!

 

これはかなり多いですよね。

バッテリー上りはどうして起こってしまうのかをご紹介していきます。

 

もしもの場合にはプロに頼む必要が出てくるので
そのプロの会社についてもご紹介していきますね。

スポンサーリンク

車のバッテリー上がりはこういう時になりやすい!

上がる理由

発電できる量よりも使用している電気の量が増えれば増えるほど
バッテリーというのは、あがりやすくなってしまいます。

例えばですが、渋滞している時に
室内の灯りやライトを付けっぱなしにしてしまうと、バッテリーが上がってしまうことになります。

 

バッテリーはエンジンを起こす時に使われるのはもちろんですが
車の中で電気製品なんかを使う時にも使われてしまいます。

具体的な原因

  • エアコンなど、消費電力が大きい電装品を使っている
  • 渋滞の道をいつも走っている
  • 1度に走る距離と実際の車の容量が小さいバッテリーを使っている
  • 充電を長時間している
  • 1日のうちに何回もセルモーターをっている
  • 冬や夏に連続で長時間使うこと

 

また、厄介なことに、バッテリーが上がると・・・

車が動かなくなってしまうんです!!

これは困りますよね。

スポンサーリンク

上記にも当てはまらず原因不明だった時はどうする?

プロに任せる

どれにも当てはまらず、原因不明で困っている場合には
修理を依頼する必要があります。

ちょっとお金がかかってしまいますが、
大事な愛車のためなので、仕方がないと思います。

変にいじってしまって壊してしまったら、もっとお金がかかることになるので。

修理

JAFという、レッカーサービスを専門に行っている会社がありますので
そちらに相談してみることをお勧めします。

年中無休。24時間かけつけてくれます。

 

電話から依頼することができます。

電話番号は【0570-00-8139】です

 

通話料は有料で、固定電話からかける場合には
1分で10円、スマホや携帯からは20秒で10円。

IP電話からはかけられないことがあるそうです。

 

そう言った場合や携帯を持っていない場合には
近くにあるコンビニやお店で事情を話して、電話を貸してもらいましょう。

ロードサービスに登録しておく

ロードサービスに登録しておくと良いと思います。

JAF会員になると、バッテリー上りが起きた場合に、ほとんどの場合、無料で修理してもらえます。

 

また、何回までといった決まりもないので良いと思いますよ。

まとめ

バッテリーが上がってしまう原因と言うのは
色々あるみたいですね。

それらを解決すれば、直るのですが
それでも直らない場合や原因が不明の場合には、素人にはどうすることもできません。

 

修理に出してプロに任せた方が良いと思います。

壊れてしまっては元も子もないので。

 

ロードサービスには登録しておくと良いと思います!

車の事故はいつ起きるか分からないです

ほとんどの場合無料で直してくれるというのは、ありがたいですよね~!

 

また、登録していなくても、もしものときのために、
JAFの電話番号をメモしたり携帯に登録しておくことで、緊急時に直ぐに対応できますし、落ち着いて行動できます。