未分類

お通夜に仕事帰りに行かなくてはいけない時、荷物はどうする?

仕事中の突然の訃報。

年齢があがるにつれてこういった経験も増えてくると思います。

仕事帰りにかけつけるとなるとどうしてもスーツになってしまう場合が多いと思いますが、
その場合は喪服ではなくスーツのままでもいいのでしょうか??

 

今回は仕事帰りのお通夜の時の服装や荷物について調べてみました!

スポンサーリンク

仕事帰りにお通夜に行かなければいけないといは喪服じゃないとダメ?スーツはNG?

葬儀や告別式の時の服装は基本的に『喪服』を着用するのがマナーです。

しかし、仕事帰りの時はどうしてもスーツになってしまいます。

 

近場であれば一度帰宅して着替えてから出向くこともできますが、
遠方の場合や急だった場合はスーツのまま参列してもいいのでしょうか??

 

お通夜の場合は基本的にスーツで参列しても問題はありません。

むしろ喪服で参列すると
前々から準備していたと不謹慎に思われるケースもあるようです。

 

派手な色や柄でなければスーツで参列しても大丈夫です。

ですがもしも用意できるのであれば男性であれば黒いネクタイと黒い靴下、
女性であれば黒いストッキングがあるといいと思います。

 

また、どんなに急いでいても以下のような服装はマナー違反となるので
参列する前には一度身だしなみを確認するようにしてくださいね。

  • 毛皮のコートやマフラー
  • 結婚指輪以外のアクセサリー
  • 派手なメイクやネイル
  • 色柄の派手なハンカチ
  • 光沢のあるバッグや靴
  • ミニスカート
スポンサーリンク

大荷物になってしまう場合、荷物はどうすればいい?

もしも遠方から駆けつける場合、
仕事の関係で大荷物になってしまう場合もあると思います。

この場合は、荷物をそのまま持って参列してもいいのでしょうか??

 

仕事帰りで荷物が多い場合、
黒いバッグであればそのまま参列しても問題はありません。

お焼香の時などは邪魔になるので席の下に置いておくなどすれば問題はありません。

 

でも女性の場合は、普段から黒いバッグを使う方は少ないかもしれません。

その場合は100均やコンビニなどで黒や紺などの暗い色の紙袋を購入し
その中にバッグを入れて参列するというのも手です。

白や明るい色は慶事向きですので
なるべく暗い色を選ぶようにしてくださいね。

 

また、スーツケースなどの大きな荷物の場合は
できれば会場に着く前に駅のコインロッカーなどに預けていくことをオススメします。

それができない場合は会場でもクロークが設けられている場合が多いので
そこへ預けても大丈夫ですよ。

 

お焼香の時などなるべく身軽にスムーズに行うためには
必要最低限の手荷物で参列し、ゴタゴタと周りに迷惑をかけないことが大切です。

まとめ

急な訃報に戸惑うこともありますが、
こういった場合はどうすればいいのかあらかじめ頭に入れておくと
もしもの場合でも慌てることなく行動することができます。

今回は仕事帰りの服装や荷物についてでしたが、
お通夜のマナーなども合わせて確認しておくといいでしょう。