家事

肩に跡がつかないハンガーってある?ついてしまった跡の治し方も!

 

肩の部分に跡がついてしまうとショックですよね〜。

急いでるときに限ってついてて…着てれば直る時もありますけど、
仕事に着て行ったり、
友達とランチに行く時に肩に跡がついているとげんなりします。

 

そんな時に、
すぐに直す方法と予防策をご紹介していきます。

スポンサーリンク

肩に跡がつかないハンガーのオススメは?

MAWAハンガー(10本セットで1300円ほど)

肩部分がゆるかに丸くなっていて、
普通のハンガーみたいに角が出っ張っていません。

だから、服にヘンな跡が付かないので
人気商品なんです!
さらに、滑らないので使いやすいですよ。

無印の滑らないハンガー(3本で299円ほど)

無印のハンガーは肩の部分がとんがっていないので、
肩や腕の付け根部分に跡がついてしまうことがありません!

 

しかも、こちらは3本ごとに買えるので
安くていいですよね〜!

家族が少ない方はこちらでもいいと思います。

肩の部分が分厚いハンガー

ハンガーが肩の部分に跡がつく原因とは、
ハンガーが細いからなんです。

 

理科の授業で習ったことがあるかもしれませんが、
物は細ければ細いほど重さがかかります。

だから、ハンガーの肩の部分も跡がついてしまうんです。

 

そうならないために、
肩の部分が分厚いハンガーを使うことが大事です。

スポンサーリンク

肩に跡がついてしまっても治す方法あります!

スプレーする

まずは、ボウルと水が入った霧吹きを用意します。

 

洋服の跡がついている部分の下に、
逆さまにしたボウルを入れてから、
その跡の部分に水を3プッシュほどします。

 

あんまりかけると、
濡れすぎてしまって、
中々乾かなくなってしまうので
注意が必要です。

 

こうすると、洋服の生地は水分を帯びるので、
比較的動きやすい状態にします。

そして、シワの部分を自分の手で抑えて、
自分の熱で伸ばすようにします。

だいたい30秒くらい。

 

面倒くさい方はドライヤー使ったりアイロン台にのせて、
アイロンかけるのでもいいと思います。

肩の跡がつくのを防止するには

ハンガーをわざわざ買ったり、
毎回毎回跡がついたからと言って、
肩のあとを直すの大変ですよね。

 

そんな方は肩の跡がつくのを防止するように対策をしましょう。

 

ハンガーの肩の部分にしっかりとタオルを巻いていきます。

このときに外れないように、
輪ゴムをして留めておくのでもいいと思いますよ。

これだけで跡がつかなくなるので楽々!

針金ハンガーを使う

普段使っているハンガーが針金ハンガーなら、
まずは針金の肩の部分が下向きになるように曲げます。

その曲げた部分にストッキングを巻いて、
ずり落ちないようにすれば、
ずり落ちないし肩に跡がつかないハンガーの完成!

まとめ

■おすすめのハンガー

  1. MIWAハンガー
  2. 無印の滑らないハンガー
  3. 肩が分厚いハンガー

 

■肩の跡防止策

  1. ハンガーの肩の部分を分厚いものにする
  2. ハンガーにタオルを巻く
  3. 針金ハンガーを使う

 

■跡がついてしまったら

  1. スプレーして手で伸ばす。
    もちろんドライヤーやアイロンを使ってもいい。

 

おすすめのハンガー、跡がつかない方法、
跡がついてしまったら直す方法をご紹介しました。

どれも簡単ですし、
持っていても損しないアイテムです!
ぜひ、取り入れてみてくださいね。