春のイベント

あげすぎ注意!?入学祝いの金額の相場とは?

 

春の入学式シーズン!

自分の子供だけでなく、
甥っ子や姪っ子だったり、
孫が入学を迎える場合はお祝いをあげた方がいいのか悩みますよね。

 

お祝いをあげることで、
逆にお返しに気を使わせてしまうのなら、
あげない方がいいのでは・・・??
という考え方もあります。

 

今回は甥・姪と孫の場合の入学祝いについてご紹介します!

スポンサーリンク

入学祝いを贈る金額の相場〜孫編〜

かわいい孫に対してはつい奮発してしまいたくなる気持ちもありますが、
実際のところ入学祝いがどのぐらいなのか気になりますよね。

 

祖父母があげる入学祝いには、
入学準備品を揃えてもらうための意味と、
大学などは入学金が必要になるので、
その足しで使ってもらう意味などがあるので、
『祝福の形』として必ず渡すものなります。

 

孫に渡す入学祝いの相場は学年によって異なります。

 

小学校:2~3万
中学校:3~5万
高 校:3~5万
大 学:5~10万

 

なぜこのように開きがあるかと言うと、
各学年で準備するものにかかってくる費用が異なるからです。

小学校の場合はランドセルや学習机が必要になるので、
これらを贈らない場合は5万円ほど包んで渡す場合もあります。

 

中学校の場合は揃えるものもほとんどないので、
金額の相場は少し低めに設定されています。

 

お祝い金のほか、
部活動で使う道具や図書カードなども喜ばれます^^

 

高校になると、
制服や通学用の自転車などを購入するため、
3~5万程度が相場とされています。

また、この頃からパソコンや携帯電話を持つようになる子もいるので、
そういった必需品をプレゼントする方もいます。

 

大学になると入学金のほか、
一人暮らしを始める子もいるので、
入居費用の足しになるよう10万以上包む方もいます。

この頃になると、
祖父母も退職し年金などの当てがあるため、
入学祝いも余裕を持って多めに包むということがあるようです。

 

ただ、多くもらっても、
息子夫婦、娘夫婦に気を使わせてしまう場合もあるので、
家庭環境や家庭事情を踏まえたうえで
金額設定をするといいですね^^

スポンサーリンク

入学祝いを贈る金額の相場〜甥・姪編〜

甥や姪に対しての入学祝いは基本的に、
あげることを前提に考えていたほうがいいでしょう^^

 

ただし、兄弟で話し合って
お互いに入学祝いはあげないと決めた場合は別です。

 

また、兄弟同士でも金額がちぐはぐになってしまうのもタブーです。

入学祝いを渡す前には一度金額の確認をするといいでしょう。

 

甥や姪にあげる入学祝いの相場はどのぐらいだと思いますか??

 

平均的に5,000~10,000円程度で、
高校、大学に入学してもこの金額が変わることはあまりありません。

 

ただし中には、
受験の合格祝いを兼ねて入学祝いを渡す場合もあります。

この場合は平均して20,000~30,000円程度が相場となります。

 

平均の相場を把握しておくことも大切ですが、
以前に自分の子供に対してお祝いをもらっていた場合、
その金額相応をあげた方がいいと思います。

いくらもらったか忘れないよう記録を取っておくことをオススメします。

 

それでもいくらあげたらいいかわからない場合、
学用品などに変えてプレゼントするのもありです^^

何がほしいかあらかじめ両親に聞いておくといいですね!

まとめ

祖父母の立場だと入学金はいくらでもあげたいと思うと思いますが、
甥や姪になると入学金をあげる余裕がない場合もありますよね。

でもこれはお互い様なので、
少しでもいいので包んで渡すと喜ばれますよ^^

 

逆に自分の子供が入学を迎えた時はもらうことができますからね。
やはり少しでももらえると助かりますよね^^

金額の相場もあくまで平均なので、
両親や兄弟とよく話し合って決めることをオススメしますよ♪