家事

身近ものでピッカピカ!コンロの油汚れの掃除方法

 

コンロの油汚れって
気づかぬ間にベトベトになって、
なかなか落ちなくなってしまいますよね。

もう、悲惨な状態でお手上げです。

 

ただ、身近なアイテムで汚れを落とすことができるって
ご存知でしょうか?

え?!こんなもので?驚きますし、
簡単なのと、
汚れがきれいに落ちるのでハマってしまいます。


コンロの油汚れをキレイに掃除するアイテム~重曹編~

用意するもの

・重曹
・お湯
・牛乳パックの底
・筆やヘラ
・キッチンペーパー
・柔らかい布やスポンジ

注意点

ガスコンロを掃除する時は、
必ずガスの元栓は切っておきましょう。

こうすることによって、
誤って火がついてしまうことを防げます。

 

そして、掃除が終わったら、
必ず完全に乾かしてから
部品などを取り付け、
ガスの元栓を入れましょう。

手順

  1. まずは、牛乳パックの底から
    10センチくらいの所に印をつけて、
    切ります。
  2. ①の牛乳パックにお湯と
    重曹11の割合で入れて、
    ペーストにします。
  3. ガスコンロの油汚れがひどい部分に重曹を塗って、
    15分くらい置いておきましょう。
  4. 汚れをキッチンペーパーで拭き取ります。
    大体で大丈夫です。
  5. バケツなどに、4050度くらいのお湯を溜めて
    重曹を入れてよく溶かします。
    このときにガスコンロの五徳を入れて、
    つけ置きしましょう。時間は1520分。
    分量はお湯1リットルで、
    重層は大さじ
    6杯くらいです。
  6. ⑤をつけ置きしたらお湯から出して、
    歯ブラシやその他のブラシでこするようにして
    汚れを落とします。
  7. 水気を切ってから、
    しっかりと乾燥させましょう。
スポンサーリンク

コンロの油汚れをキレイに掃除するアイテム~酢編~

用意するもの

・酢
・重曹
・牛乳パックの底
・筆やヘラ
・お湯

手順

  1. 牛乳パックを底から10センチくらい上の部分に印をつけて、
    切ります。
  2. ①に酢と重曹、
    お湯を入れてよく溶かします。
    分量としては酢が1だとしたら
    重曹が
    2で、お湯が2です。
    酢は多く入れすぎると重曹が中和されてしまうので、
    本来の力を発揮できなくなってしまいます。
  3. ②をガスコンロや五徳へと塗っていき、
    15分程待ちます。
  4. 五徳は水でよく流し、
    流せない部分は湿らせた布で拭きます。

毎日のお掃除にはこの方法

~用意するもの~

・酢
・スプレーボトル
・水

手順

  1. スプレーボトルで酢と水を混ぜます。
    割合としては酢が1に対して、
    水が
    3
    です。
  2. 汚れの部分に吹きかけて、
    15分置いておきます。
  3. 歯ブラシで汚れ部分をこすって流せるところは流していき、流せない部分は濡れふきんなどで拭いていきます。

 

こちらの方法は、普段からのお手入れ方法になります。

溜まってしまった油汚れを落とすには
やっぱり重曹を使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

重曹ペーストでのお掃除だったり、
重曹とお酢を混ぜるお掃除方法は
こびりついてしまった汚れに使えます!

普段からのお手入れは
酢が手軽に使えて良いですよ。

食品を扱う場所を食品で掃除できるなんて、
安心できますよね!

 

私は、お酢での定期的な掃除を始めてからは
もう油汚れでベトベトになることがないので、
重曹をガスコンロのお掃除で
使う頻度が減ってしまいました。

年末の大掃除にも使えると思いますので、
覚えておいていいお掃除方法ですね。