健康

1日断食!成功の秘訣は回復食のメニューにあった!

 

1日断食が話題を呼んでいます。

成功の秘訣知っておかないと、
せっかく断食したのにもかかわらず、
失敗になってしまうこともあります!

食べることを我慢したのに、
それは辛いですよね。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1日断食の回復食メニューは?何日食べるもの?

そもそも1日断食とは?

1日断食というのは、
1日だけ断食をするダイエット方法です。
プチ断食と同じような物ですよね。

 

1日断食を行うと胃の調子が良くなったり、
食が細くなるという効果があります。

それと、1日断食は休みの日に気軽にできるので
行いやすいと言えます。

 

お仕事のある日に食事で
ダイエットをすると頭が働かなくなって、
お仕事に支障が出る可能性があるので、
この方法は良いですよね。

回復食って?

回復食とは、断食した後、
普通の食事に戻すための食事のことを言います。

 

消化に良く、
胃に優しい食べ物を食べることがほとんどです。

断食中は胃の中が空になるので、
普通の物を食べても上手く消化をすることができません。

なので、いきなりいつも通りの食事を摂ってしまうと、
いきなり胃が動かされるので
胃などの臓器に大きな負担をかけてしまいます。

 

消化に良い回復食を食べて、
胃を慣らしていけば、
体の負担を最小限に抑えることができます。

必ず回復食で慣らしていきましょう。

回復食のポイント

〈薄味〉

断食が終わった!と思って、
濃い味付けの料理をいきなり食べるのはだめです。

空腹が続いている内臓というのは、
敏感な状態だとご紹介しました。

なので、刺激を与えてしまいますよね。

健康的にかなり良くありません。

 

なので、最初は薄い味の回復食から始めてみて、
徐々にいつもどおりの味に戻していくことが大事です。

〈炭水化物に偏らない〉

胃に優しい食事といえば、
お粥やうどんなどが一般的なのですが、
なるべく炭水化物に頼らないようにしたいですよね。

 

なぜかというと、
炭水化物は血糖値を上げるので、
その分脂肪をためこみやすい体になってしまいます。

せっかく断食を頑張って行ったのに、
炭水化物を食べ過ぎたせいで
リバウンドしてしまったら、
残念ですよね。

〈野菜〉

回復食では、野菜を多めに食べる必要があります。

よく噛んでゆっくりと食べることが大事です。

 

なぜかというと、
野菜にはビタミンや食物繊維などの
大事な栄養が多く入っています。

 

例えば、大根、人参、かぼちゃ、
玉ねぎ、ほうれん草などが消化にいいですよ。

〈豆類〉

豆類は消化に良い食べ物ですし、
たんぱく質が多い食材ですよね。

 

たんぱく質が不足してしまうと、
筋肉が落ちてしまいます。

筋肉が落ちると、
体の代謝も落ちてしまうので、
たんぱく質を補うために豆類はしっかりと食べたいですね。

 

例えば、豆腐、納豆、豆乳などです。

〈海藻類〉

海藻類も消化に負担をかけないので、
回復食には向いていますよ。

 

わかめ、ひじき、昆布、のりなどです。
味噌汁やスープなどを具沢山の野菜にして、
海藻類を入れるのがおすすめですよ。

スポンサーリンク

回復食にヨーグルトはあり?

回復食というのは和食が基本的に向いているのですが、
作る暇がなかったり
面倒くさい人はヨーグルトを食べるのでも良いです。

ヨーグルトにはご存知のように、
乳酸菌が多く含まれていますよね。

この乳酸菌は腸内の環境を良くする効果があります。

それに、意外と満腹感を感じることもあるので
回復食にはおすすめなんです。

 

断食後に初めて口にするものでは、
フルーツをヨーグルトに入れるのではなく、
プレーンのままで食べ始めるようにしましょう。

とはいっても、
体に良いからとあまりにも食べ過ぎてしまうと、
下痢してしまうことがあります。

まとめ

回復食で自分の食欲をセーブできるかどうかが、
断食ダイエットが成功するかの分かれ道となります。

回復食に適した食材をうまく利用していき、
成功させましょう。

 

また、食材も大事ですが、
食べる量にも注意してください。

食べ過ぎてしまっては、
胃腸に大きな負担がかかってしまいます。

物足りないと思う、
7分目くらいが一番です。


しっかりとよく噛んで回復食を食べるようにして
成功させたいですよね。