重曹

トイレの黒ずみ掃除には重曹とクエン酸で無敵!汚れ別に使い分けて!

 

トイレの黒ずみって一度ついてしまうと
なかなか取れないんですよね~。

こすると便器が傷ついてしまって、
さらに汚れが溜まっていくし

 

でも、落ち込まないでください!

 

重曹とクエン酸で無敵の汚れ落ちが期待できます。

 

汚れ別にも使い分けるとなお良しなので、
ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

重曹とクエン酸、トイレの汚れ別のお掃除方法

重曹での汚れ落とし

便器の黒ずみは酸性の汚れです。
酸には弱アルカリ性の重曹で
お掃除するのがとっても効果的です。

黒ズミにはタンパク質が含まれているのですが、
それを分解したり、
細かい粒子でありながら
便器に傷を付ることなく、
汚れを落とす研磨効果があります。

 

さらにさらに、
アンモニア臭の原因となる物質を中性にしてくれるので、
臭いを消すという効果もあります。

クエン酸での汚れ落とし

尿や水垢などのアルカリ性の汚れに対しては、
クエン酸などの酸性の成分が効果的です。

 

尿は、まず便器に付いて、
回りにある菌でアンモニアに分解されます。

その後、水に溶けることのないカルシウムと混じってしまい、
尿石として蓄積していきます。

 

この尿石を放っておくことで、
菌の大増殖や悪臭の元となってしまうので、
クエン酸で科学反応を起こして
中性にしてから汚れを落とすことが大事です。

 


また、このクエン酸は重曹と相性が良いんです!

 

混ぜて使うと、
炭酸ガスが発生するのですが、
この気泡が汚れに吸い着いて
落ちやすくなって、
便器内にこびりついた汚れはするんと落ちます。

2つを合わせて使うのが良いと思います。

掃除方法

重曹とクエン酸は掃除する部分に合わせて、
粉のままかけたり、
水と混ぜてスプレーにして使ったりします。

 

トイレ掃除に重曹を使用するなら、
汚れに均一に吹き付けることができるように、
スプレーにして使うのがおすすめです。

 

〈重曹〉

・重曹スプレーを作ります。

40℃くらいの温かいお湯と重曹を混ぜて、
スプレーボトルに入れます。

 

お湯が200mlの場合は重曹は大さじ1杯くらい使います。


混ぜるときはスプレーのふたをよく閉めないと、
降ったときにこぼれてきてしまうので気をつけましょう。

 

また、お湯の量が少なくて重曹の量が多いと、
重曹が溶けきらずに
噴射口に詰まってしまうことがあるので気をつけましょう。

〈クエン酸〉
・クエン酸スプレーを作ります。


200ml
くらいの水にクエン酸を小さじ1杯くらい溶かして、
スプレーボトルに入れます。

 

クエン酸は水でもしっかりと溶けてくれるので、
クエン酸の分量は汚れの度合いによって
多くしてみてください。

スポンサーリンク

キッチンハイターはトイレ掃除に使ってもいい?

使ってもいい

キッチンハイターは除菌、漂白作用がありますよね。

だから、トイレの汚れを落としながら漂白してくれるんです。

掃除中に漂白してくれるなら、
汚くなった便器内の水を見なくて済むのでいいですよね。

 

注意点

キッチンハイターの塩素系漂白剤には注意が必要です。
普通に使うぶんには大丈夫です。

 

ただし、直前に何か他の薬品を使って
便器内を掃除している場合は使用しないほうが
いいこともあります。

その成分はクエン酸やお酢などの酸性の成分です。
有毒ガスが発生したり爆発することもあります。

 

もし、直前にそれらの薬品を使った場合は
少なくとも
1日は時間を起きましょう。

まとめ

  1. 重曹とクエン酸それぞれでも効果はあるが、
    一緒に使うと泡が発生して
    さらに汚れ落ちに効果的
  2. キッチンハイターはトイレ掃除に使ってもいいが、
    他の薬品との使用には注意した方がいい

 

重曹とクエン酸を一緒に使うと
効果的なのは分かりましたが、
泡が出ると焦りそうですよね。
覚えておきましょう。

 

そして、薬品は混ぜないように、
安全に掃除しましょうね。