冬のイベント

忘年会シーズン!このゲームなら会社で盛り上がること間違いなし!

毎年、忘年会の季節が近づくと、
幹事さんは頭を抱えているのではないでしょうか?

忘年会をいかに盛り上げるというのは、
幹事さんにとって、大事な使命ですよね?

そこで今回は、忘年会に盛り上がるゲームなどのアイデアをご紹介します!

スポンサーリンク

大人数で盛り上がれる簡単オススメゲーム!

ゲームの盛り上がりで忘年会の盛り上がりまで
左右する可能性もありますね。

特に大人数のゲームの場合、
なるべく不平不満が出にくいように全員が参加しやすく
簡単で誰でも分かるようなゲームにしたいですね。

ハイ&ローゲーム

前席から順番にトランプを引いていき、
前席の人より数字が大きいか高いかを当てていくゲーム。

トランプを引く前に
「ロー!」「ハイ!」と叫びトランプを引く。

勝ち残った人だけ立った状態で、
残った人数で再ゲームを繰り返し優勝者を決める。

100円ゲットジャンケン

参加者全員が100円を持参し、
ペアになりじゃんけんをして勝った人は
負けた人から100円をゲットできるゲーム。

最終的に勝ち残った人が賞金ゲットできます。
人数によって金額はいろいろ変えてもいいかも?

いつ・どこカードゲーム

全員に4枚の白紙カードを配り
それぞれに「いつ」「誰が」「誰と」
「何した」という内容を事前に書いてもらいます。

それらを幹事さんは回収し、
宴会が始まったらランダムに発表していきます。

どの組み合わせになるのか分からず、
面白い言葉や人物が出てきて大盛り上がり。

司会者の言い回しも重要になってきますね!

スポンサーリンク

少人数でも盛り上がれる簡単ゲームは?

少人数の宴会こそ、幹事さんのセンスが問われます!

一つ間違えば、しらけてしまう恐れもありますが、
少人数の場合、盛り上がれば関係も良くなり
濃密な時間を過ごすことが出来る可能性があります!

テイスティングゲーム

参加者に目隠しをし、鼻を洗濯ばさみでつまみます。

それぞれ食べたものを当てると言う単純なゲームですが、
見ている周りの人たちは大盛り上がり。
食感が良くある物などを使うと面白いです。

例えば3種類用意し、どの順番で食べたかを当てたりなど。

(例) 豆腐→たまご豆腐→プリン

おしぼり絞り

濡れたおしぼりを順番に回していき、ひとりずつ絞ります。

最後の一滴が絞れなくなった人の負けという、
手軽で分かりやすいゲームです。

簡単だけど、意地になって一生懸命絞ろうとする姿も盛り上がりますね。

写真あてゲーム

それぞれ参加者の小さい頃の写真を持ってきてもらい、
誰がどの写真かを当てるゲーム。

事前に、幹事さんが写真を回収しボードに
すべて貼りつけみんなから回答を貰う。

ゲームの内容を盛り上げるのは幹事さんの盛り上げ方も必須!

以上、いろんなゲームをご紹介しましたが
どのゲームも幹事さん(司会者)の人が淡々と進めたり、
静かに勧めているのではどんなゲームも盛り上がりません。

ゲームを幹事さんも楽しむつもりで、
進行の仕方やゲーム途中のツッコミ、
その人の個性などを生かして司会進行をして行ってくださいね!

景品はどんなものがおすすめ?

私の会社で好評だった景品はこちらの記事に書いてますので
参考にしてみて下さいね^^

忘年会のゲーム景品はこれが人気!わが社で人気だった景品ご紹介!