生活

遠足のお弁当は前日準備で楽しちゃおう!我が家の方法教えます!

遠足のお弁当というのは、どのママさんも張り切って準備しますよね。

だからこそ、変なお弁当を持たせて子供に恥をかかせたくないものですが、
当日の朝に作るのは大変!!

お仕事しているとなおさらですよね。

 

でも、前日に準備しておけば当日の朝は比較的楽できます!

スポンサーリンク

遠足のお弁当、前日準備しておくものはこれだ!

唐揚げ

唐揚げはお弁当には必ずと言っていいほど入れると思います。
唐揚げの前日準備は合わせた調味料に漬け込み、冷蔵庫でお肉を保存します。

 

当日の朝に、片栗粉をまんべんなくまぶしてから揚げましょう。
前日にあげてしまうとどうしても脂っこくなってしまいますし、酸化していい気分がしません。

更に、前日に漬けておくことで味が染みておいしいですよ。

 

他の揚げ物も同じようにしています。

ポテトサラダ

ゆで卵は茹でて殻が付いたまま保存。
割ると雑菌が繁殖する原因となってしまうので、気を付けましょう。

 

じゃがいもは潰しておいて、きゅうりやそのほかの野菜に関しては切ってお塩をかけて冷蔵庫で保存しておきましょう。

当日の朝に、きゅうりや野菜の水分をキッチンペーパーで吸収してから混ぜ合わせます。

ウィンナーや野菜炒め

我が家の場合には、前日に切って焼いてしまいます。
ただ、菌の繁殖が気になる場合には当日の朝に火を通すのでもいいと思います。

ハンバーグ

我が家はハンバーグに限っては、すぐ焼ける状態にしておきます。

ハンバーグにケチャップを混ぜるのですが、
このケチャップを混ぜて冷蔵庫で保管しておくことにより、ハンバーグのうまみが倍増します。

 

タネは小さめに保存しておくと当日の朝に手を汚さずにすぐ焼けます。

チャーハンやオムライス

前日に作る方法でもいいのですが、ご飯がべちゃちゃになりがちです。
前日には、具材をすべて切っておいて、当日の朝に火を通すとべちゃべちゃを抑えられます。

スポンサーリンク

手抜きなのに豪華に見せるコツとは?

ご飯に味を付ける

ご飯に味が付いているだけで豪華に見えるんです!

例えば、ドライカレーご飯やわかめごはん、枝豆ご飯などなど。
どれも子供が好きな味でキレイな色合いをしています。

 

我が子はおかかご飯の上にのりを乗せたご飯が好きです。

おにぎらずにする

おにぎりなのに握らない、「おにぎらず」

まだ流行っています。

 

ノリの上にご飯やらおかずやらを乗せてサンドするだけ!
簡単ですよね。

飾りを豪華にする

お弁当には「バラン」だとかカップだとか、
持ち手の部分にキャラクターがいるようなつまようじのようなものを入れますよね。

あれをちょっと豪華にしちゃいましょう!

 

我が家の子供は、かにさんが持ち手部分についているつまようじが気に入って、
野菜にそれを指すと食べてくれるようになりました。

100円ショップで購入したものので、お弁当が豪華になり、野菜まで食べるようになったので、大助かりです。

まとめ

手抜きだけど豪華に見せる方法は・・・

  • ご飯に味を付ける
  • おにぎらずにする
  • 飾りを豪華にする

前日に準備しておけるもの結構ありますよね。

朝だと大変なので、次回からの遠足のお弁当は前日準備で楽して子供を送り出しましょう!