家事

なんでも洗える!コインランドリーでのカーペットの洗い方とは?

コインランドリーといえば、カーペットも洗えるというのはご存知でしょうか?
カーペットって自宅で洗うとなると大変なので、コインランドリーをうまく活用しましょう!

ただ、初めてだとなかなか分からないこともあると思うので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

コインランドリーで洗えるカーペットのサイズは?

洗い方

    1. まずはコインランドリーで、カーペットが余裕を持って入れられるサイズの物を選びます。
    2. ①で選んだ洗濯機にカーペットを入れて、洗剤を入れる場合には入れます。
    3. 扉を閉めてお金を入れるとほとんどの洗濯機がスタートします。始まらない場合には、スイッチを入れましょう。
    4. 洗濯機が洗い終わったら、乾燥器へと移動させて乾燥させます。ただ、全自動タイプは最初から最後まで放っておくだけで大丈夫です。

私は最後まで完全に乾かしますが、人によってはお金を節約するために8割だけ乾燥させて、後は自宅に帰って乾燥させる人もいるようです。

サイズ

カーペットを洗うときには、大型の洗濯機がある店舗でしか洗うことができません。
7キロくらいの小型洗濯機しかないようなコインランドリーでは、洗うことができないので注意しておきましょう。

でも、やっぱり家で洗えないものを洗いに来る人も多いのがコインランドリー。
最近では、大きいサイズの洗濯機は置いてある確率が高いです。

22キロサイズであれば、大体のカーペットは洗うことができます。
カーペットのサイズとしては、畳3畳分。
270センチ×180センチや540センチ×90センチなどの物です。

32キロサイズの洗濯機ならば、畳6畳サイズの261センチ×352センチくらいの大きさまで洗濯することができます。

料金

我が家のカーペット1枚を洗うのには洗濯機のサイズが22キロサイズで12キロのコースとなりました。
これだけだと、料金は600円!

私は、普段からカーペットのダニやら虫が気になったので、
除菌すすぎというのを選択したので+100円の料金となり、ここまでで700円。
ここまでにかかる時間は45分くらいでした。

その後は、乾燥をかけたのですが、42分かかったので700円でした。
6分で100円と表記がありました

合わせると1400円で洗濯、除菌すすぎ、乾燥ができました。
私の通っているコインランドリーは、すべてが一度にできるタイプではないのですが、
全てが一度にできるタイプのコインランドリーもあるようです。

スポンサーリンク

コインランドリーでカーペットを洗うときに向いている洗剤とは?

コインランドリーに洗剤は持参するの?

コインランドリーでは、ほとんどの場合が洗剤は既に中に内蔵されていて、洗濯が始まると自動的に流れ出る仕組みです。

ただ、自分で設定したり、内蔵されていないタイプは自分で持って行った洗剤を使うことができます。

おススメの洗剤

アルカリ性の洗剤だと、カーペットを痛めてしまうこともあります。
なので、洋服のおしゃれ着に使うような、おしゃれ着用の洗剤を使うことをおススメします。

有名な物だと、「エマール」という洗剤です。

私はずっと「アクロン」という洗剤を使用しています。洋服はもちろん、カーペットが縮むことがないのでお気に入りです。

まとめ

    • コインランドリーでかかった料金と時間は、1400円で1時間半ほど。
      除菌すすぎをしなければ100円安くなる
    • 洗剤は洋服などを洗うおしゃれ着用の洗剤「エマール」や「アクロン」がおすすめ