冬のイベント

お歳暮の定番がNG?ハム、ウィンナー、ベーコンは癌になるって真実?

お歳暮の定番といえば、ハム、ウィンナー、ベーコンですよね。
普段食べることのない有名どころや高級な物を頂くと嬉しいですよね。

ただ、そんな加工肉が原因で癌になりやすいと言われています。
そんなの迷信でしょ?と思う方もいますよね。
みじかな食材にそんなことがあってたまるか!とも思います。

加工肉を食べることで癌になるのかを調査してみました。

スポンサーリンク

ハム、ベーコン、ウィンナーは癌になるって嘘?本当?

ハム、ベーコン、ウィンナーで癌になるのは本当!

そう、本当なんです。
WHO(世界保健機関)から、ハム、ベーコン、ソーセージを食べすぎると、がんになりやすくなるという発表がされました。

がんの場所としては大腸がんです。
1日50g食べると、そのリスクが約18%も高まるんだとか。

この研究発表というのは、世界の人が驚きました。
日本人にとっても、身近な食べ物の一つですので、不安ですよね。

 

ハム、ベーコン、ソーセージなどの原材料は何だと思いますか?
普通は豚肉ですよね。

実は、豚肉には「ミオグロビン」という色素が含まれています。
この色素は赤いのですが、時間の経過により、酸化してしまうんです。

酸化すると、当然黒く変色してしまうので、
ハムなどは空気にふれている部分から茶色くなっていってしまうんです。

どんどん黒くなってしまうハムやベーコンなんて、あんまり売れなさそうですよね。
なので、ピンク色のまま保存できるように、食品添加物の「亜硝酸ナトリウム(Na)」という添加物を入れています。

 

亜硝ナトリウムって聞きなれませんよね。
この添加物というのは、毒性が強いです。

人の致死量は、0.18~2.5 グラムとされているので、かなり少ない量でも死んでしまうんです。

ちなみにどれほど危険なのかと分かりやすく説明すると・・・
猛毒として有名な青酸カリありますよね。

青酸カリの致死量というのは、0.15グラムです。
青酸カリと同じくらいの量で死んでしまうということは、かなり危険だということが分かりますよね。

 

さらにさらに、亜硝酸ナトリウムの危険性はまだまだあります。
お肉には「アミン」という物質が多く入っています。

このアミンは亜硝酸ナトリウムと反応して、「ニトロソアミン類」という別の物質へと変わります。
ニトロソアミン類には、発がん性があるという点と酸性状態で発生しやすい物質なので、
亜硝酸ナトリウムが入っている食品を食べると、胃の中で作られてしまいます。

スポンサーリンク

お歳暮にハムはNG?送るなら何が良い?

かに

お歳暮の時期といえば、やっぱりお鍋ですよね。
それにかにが嫌いな人と言うのは中々いないのではないでしょうか。

ただ、甲殻類アレルギーの方もいますので、相手の方がアレルギーなのかどうか確認してから贈るようにしたいですよね。

お肉

お肉なら、上でご紹介したかに同様に、嫌いな方というのはいないですよね。

普段はスーパーの普通のお肉を食べている方の方が多いと思うので、
お歳暮などでいただく高級なお肉というのはかなり喜ばれると思います。

ただ、こちらも家族構成や男女比率や年齢によってお肉の食べる量というのが変わるので、
そこらへんは考えておくか、直接何グラムくらいが良いのか聞けるような間柄であれば聞いてみるといいと思います。

まとめ

亜硝酸ナトリウムという、豚肉の酸化を防ぐ添加物が含まれていて、
それが青酸カリ並の少ない量で人の致死量となってしまうなんて怖いですよね~!

ただ1日50グラムの加工肉を食べることで、
発がん性が高まるそうなので、適切な量であれば問題ないと言うことがわかりますね。

加工肉の代わりに良い物・・・

  1. かに

などです。