春のイベント

ちらし寿司の簡単盛り付けのコツ!お重にきれいに盛り付ける方法

 

ちらし寿司は彩りがきれいで華やかで、
お祝いの席やちょっとしたパーティーで
出したら喜ばれる料理ですよね

季節によって乗せる具材を変えたりして、
いろいろなアレンジを楽しめる料理でもあります。

 

でもせっかく一つ一つの材料に手をかけたのに、
盛り付け方がわからなくてなんだか残念になってしまった…。
という経験はありませんか?

お店などで見る彩り豊かなちらし寿司のようにするには
なにをどのように盛り付けたらいいのでしょうか??

 

今回は、ちらし寿司が
美しく見える盛り付け方のコツについてご紹介します!^^

スポンサーリンク

盛り付けの順番にコツってある?

ちらし寿司を美しく盛るためには、
少なからず乗せる『順番』というものがあります。

適当に具材を乗せただけでは美しいちらし寿司にはなりません!

 

基本となる盛り付けの順番は
寿司飯→きざみ乗り→錦糸卵→桜でん粉→具材
となります。

 

まず寿司飯ですが、
酢を混ぜるので
少し固めに炊くとよいです。

 

干ししいたけや筍、ごぼうなどを混ぜる場合は
しっかりと下処理したものを混ぜるようにしてください。

 

錦糸卵は厚切り派、
薄切り派に分かれるかもしれませんが、
きれいにまんべんなく載せられるのは薄切りです。

 

他の食材の大きさに合わせて
角切りの卵焼きを載せる場合は、
具材の間を埋めていくように
盛り付けると色合いがきれいですよ^^

 

乗せる具材はしっかりと水気を切って
大きい具材から順に乗せるようにしましょう!

水気が多いと寿司飯がベチャっと
水っぽくなってしまいます。

魚介類などはあらかじめキッチンペーパーなどで
余分な水分を吸収しておくとよいでしょう

 

ちなみに一般的に載せる具材として

海老……長寿/魔よけ/出世祈願
蓮根……将来の展望、見通し
………マメに長く続く、途切れない

などの意味があります^^

 

他の具材にも意味があるようですが、
どちらかというと『赤//緑』の三大色彩を
入れることの方が重要みたいです。

 

ただ同じ赤でも海老とにんじん、
緑は木の芽と絹さやなど、
若干色合いが違うものを組合せて飾ると
より華やかなちらし寿司になりますよ^^☆

 

最後にすだち、大葉、
芽ねぎなどの『あしらい』を載せることで
季節感が増して見栄えがよくなります。

スポンサーリンク

お重にきれいに盛り付けるにはどうすればいい?

ひな祭りやお正月など、
ちょっとしたイベントの時にお重を使うことがありますよね^^

 

ちらし寿司もお重に詰めることで、
見た目の華やかさと
豪華さが格段にアップするので
お重を一つ持っておくと
かなり重宝すると思います

詰め方にコツがあるのであれば覚えておきたいですよね!^^

 

実はちらし寿司をお皿に盛るのと
お重に詰めるのとでは、
お重の方が簡単なんです!

 

お皿の場合は寿司飯の量や乗せる具材のバランスや
余白を意識しないといけないのですが、
お重の場合は隅々まで
ぎっちり寿司飯を詰めたあとに
隙間なく具材を乗せればいいだけなんです

 

乗せる順番は先ほどご説明したとおりですが、
具材を1種類ずつ乗せ、
隙間なく埋めていけば
OKです!

 

もしもお重が2段、3段とある場合は
それぞれの段で乗せる具材を変えると
より楽しめると思いますよ!
( ^0^*)

まとめ

見た目が華やかなちらし寿司、
作り方ももちろんですが、
美しい盛り付け方をマスターすれば、
ちょっとしたイベントやパーティーなどでも
目を引くこと間違いなし☆

お重があれば文句なしですね( ^^*)

 

盛り付け方がいまいちわからなかったという人は
ぜひ実践してみてくださいね!^^

 

◆トッピングの具材に迷っているなら…

ちらしずしのトッピングで定番で人気の食材はズバリ? | みんなの知恵袋
ちらしずしといえば、お子さんから大人までみんなが大好きなごちそうですよね。 特に、ひな祭りは毎年楽しみなイベントの1つでした。 ちらしずしのトッピングで定番で人気な食材ってなんでしょうかね~。 あなたはなんですか?私は海老ですね。 定番のトッピングから少し変わっているトッピングまでご紹介していきますね。 ちらしずしの定番トッピングは? ちらしずしの定番のトッピングとは以下ではないでしょうか。 海老 まずはやつぱり、海老ですよね~。 海老といえば、おせち料理にも使われていて、魔除けと長寿祈願の2つのお祝いの意味があります。 海老は腰が曲がっているので、エビの様に腰が曲がるくまで長生きできるといいね。というような願いが込められているんです。 それに加えて、海老は綺麗な赤色をしていますよね。 これは、魔除けに良いと信じられていました。海老は美味しくて華やかで縁起がいいんですね。 菜の花 菜の花は海老とは違い、縁起が良いという訳ではないです。 しかし、春の味覚と彩りの両方を楽しませてくれるので、 ちらし寿司を作るときには入れておくとそれだけで華やかになっていいですよね。 レンコン レンコンも海老と同様に、おせち料理では定番として使われますよね。 レンコンは、少し独特な食感があるので、ちらしずしの中にアクセントとして使われることが多いです。 その他の定番食材をまとめてみました。 いくら 桜でんぶ 刻みのり 刻み大葉 サーモン 干し椎茸 かんぴょう などですね。 ちょっと変わってる?でもおいしいオススメ具材 アボカド 最近では一般的になってきたアボカド。 スーパーなどでも1年中手に入りますし、価格も100円前後とお買い得。 熟させればトロなどのお寿司のような濃厚な味わいで、お醤油との相性も抜群です。 そぼろや鮭フレーク そぼろは甘辛く味付けされているのでご飯にもぴったりですよね。 特に育ち盛りのお子さんにとって嬉しいですし、大人も大好きな味ですよね。 最近では、スーパーに混ぜるだけのそぼろなんかも売っているみたいですよ。 スパムやベーコン ちらしずしとは、少しイメージが違うかもしれません。しかし、酢飯と合うんですよ。 小さめにカットしてから、フライパンやオーブンで軽く焼いたスパムやベーコンをご飯に混ぜ合わせるだけなんです。 クリームチーズと塩昆布

◆ひなパーティーはお吸い物と潮汁どっちにします^^?

ひな祭りにハマグリの潮汁を食べる意味は?お吸い物との違い | みんなの知恵袋
「あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪ おはなをあげましょ もものはな~♪」 3月と言えば『ひな祭り』! 女の子のいるご家庭では楽しみな行事の一つですね(*^^*) ひな祭りに欠かせないものと言えば『雛人形』ですが、 お母さん方は料理もがんばらなければいけません!^^ ちらしずしが定番ですが、 汁物だってないとさみしいですよね! ひな祭りで食べる汁物は『ハマグリ』が一般的ですが、 どうして『ハマグリ』なのかご存知の方はいるでしょうか?? また『ハマグリ』の汁物も 『潮汁』と『お吸い物』であればどちらがふさわしいのでしょうか?? ハマグリの潮汁とお吸い物の違い 『ハマグリ』はひな祭りに欠かせない食材で ちらしずしとの相性も抜群です!^^ でもいざ作る時に、 潮汁にしようかお吸い物にしようか迷ったことはありませんか?? そしてこの2つの違いは何なのか気になりませんか?? 『潮汁』とは、 お魚の出汁に塩だけで味付けをしたもの。 『お吸い物』とは、 色々な出汁に塩や醤油、味噌で味付けをしたものです。 作り方や材料も若干異なり、 【潮汁の材料】 ハマグリ 8個 水 700ml 昆布 7~8cm角1枚 酒 大さじ1.5 塩 小さじ1/4 みつば 適量 【お吸い物の材料】 ハマグリ 8個 昆布 5cm 酒 大さじ3 醤油 大さじ半 塩 適量 みつば 適量 これだけでだいぶ味も変わってきます。 どちらがいいかという決まりはないので シンプルな味付けが好みであれば『潮汁』を、 出汁が効いたしっかりとした味付けが好みであれば『お吸い物』がいいと思いますよ^^♪ ひな祭りにハマグリを食べる意味は? でもなぜひな祭りは『あさり』や『しじみ』ではなく 『ハマグリ』を食べるのでしょうか?? 調べてみると、 『なるほど!これはハマグリじゃないとダメなのね!!』という理由がわかりましたので みなさんにもお伝えしたいと思います! 『ハマグリ』の貝殻を一枚ずつに剥がすと 他のハマグリとは絶対に合わさらないんです! このことから 『一生、一人の人に添い遂げる』 という意味が持たれ、 古来日本では『ハマグリ』は女性の象徴とされていたそうです。